海野素央の Love Trumps Hate

2020年2月3日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

どの州がポイントになるのか?

 民主党候補指名争いでは各候補が50州、コロンビア特別区(ワシントンDC)及び米国自治領の代議員数3979の過半数獲得を目指します。最初のアイオワ州(代議員数41、以下同)とニューハンプシャー州(24)の代議員数の合計は65です。従って、全体の代議員数の僅か1.6%ですが、最初の2戦を落とすと、前述した通り、3戦目のネバダ州(36)及び4戦目のサウスカロライナ州(54)での勝利が不可欠になります。

 3月3日に西部カリフォルニア州(415)を含んだ14州及び自治領で同時に予備選挙並びに党員集会が開催される「スーパー・チューズデー」では、各候補は全体の34%に当たる代議員数1357の獲得を争います。一般にこのスーパー・チューズデーが最大のヤマと言われていますが、3月1日の中西部ミシガン州(125)並びに17日の南部フロリダ州(219)も注目に値します。

 その後に予備選挙が行われる州の中では、4月28日の東部ニューヨーク州(274)及びペンシルべニア州(186)も選挙の行方を占ううえで、重要な州になるかもしれません。

ヒラリーとバイデン

 16年民主党党員集会及び予備選挙において筆者は、研究の一環としてアイオワ州デモイン、ニューハンプシャー州コンコード、テキサス州ダラス、カリフォルニア州サンフランシスコ、ミシガン州デトロイト、フロリダ州マイアミビーチ、ペンシルべニア州フィラデルフィア及びニューヨーク市マンハッタン区にあったクリントン陣営に入り、約3300軒の戸別訪問を実施しました。

 当時、クリントン陣営は「熱狂さ」においてサンダース陣営よりも低く、苦戦を強いられました。その結果、サンダース上院議員は予備選挙でヒラリー・クリントン元国務長官に敗れたものの、23州で勝利を収めました。

 米NBCテレビとウォールストリート・ジャーナル紙の共同世論調査では「熱狂さ」においてサンダース上院議員は、バイデン前副大統領を6ポイント上回っています。社会主義を肯定する若者にとって、中道穏健派のバイデン氏はクリントン氏と同様、夢中になって応援する候補ではないことは確かです。となると、予備選挙でバイデン氏もサンダース氏に劣勢に回る場面が出てくるかもしれません。

関連記事

新着記事

»もっと見る