海野素央の Love Trumps Hate

2020年2月3日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

トランプの対民主党戦略

 民主党とは対照的に、共和党は完全に無風状態です。中西部カンザス州、北西部アラスカ州、南部サウスカロライナ州、西部アリゾナ州及びネバダ州の共和党指導部は、州の予備選挙と党員集会をキャンセルし、トランプ大統領支持を表明しました。事実上、共和党候補はトランプ氏です。

 前回の大統領選挙で、トランプ大統領は民主党候補指名争いに介入し、党本部や主流派がクリントン元国務長官に勝たせるために、サンダース上院議員を不利な状況に落とし入れようとしていると主張しました。そして、トランプ氏はサンダース氏に同情を示しました。

 トランプ大統領の狙いは、一体どこにあったのでしょうか。一言で言えば、民主党の分断です。実際、サンダース陣営は民主党全国委員会(DNC)とクリントン陣営の親密な関係に不快感をあらわにしました。その結果、筆者がボランティアの運動員をしていた南部バージニア州フェアファックスにあったクリントン選対には、サンダース支持の若者が姿を見せませんでした。

 トランプ大統領は先月、自身のツイッターに「彼ら(民主党)はバーニー・サンダースに対して、前回の選挙と同じように不正な操作をしている。重要なアイオワ党員集会からバーニー・サンダースを連れ出して、でっち上げの弾劾裁判が終わるまでじっとさせている。気が狂ったナンシー(ペロシ下院議長)はジョー・バイデンに優位性を与えようとしている。バーニーは再び締め出される。非常に不公平だ」と投稿しました。

 その思惑は、バイデン陣営とサンダース陣営を分断させることです。そうなれば、仮にバイデン氏が本選に出てきても、サンダース支持者は協力しないからです。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る