海野素央の Love Trumps Hate

2020年2月28日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

 今回のテーマは、「米民主党党員集会における獲得代議員数の決め方」です。筆者は西部ネバダ州クラーク郡ラスベガスにあるモラスキー中学校で、2月22日に行われた民主党党員集会を観察しました。そこで本稿では、どのようにして獲得代議員が決まるのかについて述べます。

党員集会でサンダース候補に投票する有権者(筆者撮影@西部ネバダ州ラスベガス選挙区ナンバー3768)

1回目の投票

 ラスベガス北部の選挙区ナンバー3768の代議員数は「9」でした。当日党員集会に出向いた有権者は32名、期日前投票をした有権者は42名で、合計74名が集会に参加しました。

 モラスキー中学校のカフェテリアに集まった有権者は、支持する候補のテーブルに座ります。    

党員集会でバイデン候補に投票する支持者(奥)とウォーレン候補に投票する有権者(手前)(筆者撮影@西部ネバダ州ラスベガス選挙区ナンバー3768)

 1回目の投票で、バーニー・サンダース候補が12票、ピート・ブティジェッジ候補が9票、ジョー・バイデン候補とトム・スタイヤー候補がそれぞれ4票、エリザベス・ウォーレン候補が3票を獲得しました。

 期日前投票で、サンダース候補がすでに12票、バイデン候補が11票、ウォーレン候補が9票、エミー・クロブシャー候補が4票、ブティジェッジ候補とトム・スタイヤー候補がそれぞれ2票、アンドリュー・ヤング候補が1票を獲得しています。

 従って、党員集会での投票数に期日前投票数を加えると、サンダース候補が24票、バイデン候補が15票、ウォーレン候補が12票、ブティジェッジ候補が11票、スタイヤ―候補が6票、クロブシャー候補が4票、ヤング候補が1票になりました。

 この段階で、投票を行った74名の15%に当たる11票を獲得していない候補は脱落します。スタイヤー候補、クロブシャー候補及びヤング候補の支持者グループは解散することになりました。

クロブシャー候補とバイデン候補の支持者(筆者撮影@西部ネバダ州党員集会)

説得タイム

 2回目の投票の前に、各候補の代表が1分間の演説を行います。続いて、党員集会に参加した有権者に15分間の説得タイムが与えられます。全体の15%以上を獲得した候補の支持者が、他の候補の支持者を説得して味方につける時間帯です。

ブティジェッジ候補の支持者を説得するサンダース支持の白人男性(中央)とヒスパニック系女性(右)(筆者撮影@西部ネバダ州ラスベガス選挙区ナンバー3768)

 サンダース候補に投票をした白人男性とヒスパニック系の女性は、ブティジェッジ支持者の説得に時間を費やしました。バイデン候補支持のアフリカ系男性もブティジェッジ支持者を標的にして説得にエネルギーを注ぎました。一方、ブティジェッジ支持者はスタイヤー支持者の説得にかかりました。

 サンダース支持の白人男性は、他の候補の支持者3人を説得したと筆者に語っていましたが、同陣営は1票も獲得できませんでした。同様に、バイデン支持者も1人も説得できませんでした。

 それに対して、ブティジェッジ支持者は4人のスタイヤ―支持者の説得に成功し、4票を得ました。その結果、ブディジェッジ候補は13票になり、期日前投票の2票を加え15票に伸ばしました。

党員集会でブティジェッジ候補に投票する有権者(筆者撮影@西部ネバダ州ラスベガス選挙区ナンバー3768)

関連記事

新着記事

»もっと見る