2022年7月1日(金)

海野素央の Democracy, Unity And Human Rights

2020年10月22日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

武装集団と知事誘拐未遂事件

 6つのテーマをみる限り、バイデン前副大統領が有利だといえます。バイデン氏は6つのテーマの中で、「安全保障」以外でトランプ大統領に優位に立つ公算が高いです。

 テーマが「人種問題」に移ったとき、バイデン氏は中西部ミシガン州で親トランプ派の武装集団が投票所で「選挙監視員」になって、黒人、ヒスパニック系及び女性に対して嫌がらせを行い、投票を抑制する動きに出ている点を批判するでしょう。

 加えてバイデン前副大統領は「リーダーシップ」で、「トランプ支持者が『刑務所に彼女(グレッチェン・ホイットマーミシガン州知事)を入れろ』と叫んだとき、トランプ大統領は彼らを制することをしなかった。それどころか、『全員を刑務所に入れろ』と扇動した」と議論して、分断を煽る大統領の資質に疑問を投げかるでしょう。ホイットマー知事の誘拐未遂事件に関わった武装集団を明確に糾弾しなかったトランプ大統領を非難することも間違いありません。

 結局、最終回のテレビ討論会で、トランプ大統領は「バイデン一族は腐敗している」を中核のメッセージにして、政策よりもレッテル貼りに討論の時間を費やす可能性が高いです。一方、バイデン副大統領はトランプ氏を「新型コロナ対策で失敗した大統領」として描き、黒人、ヒスパニック系及び女性票を獲得するために、彼らに訴えるでしょう。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る