Washington Files

2021年1月7日

»著者プロフィール
著者
閉じる

斎藤 彰 (さいとう・あきら)

ジャーナリスト、元読売新聞アメリカ総局長

1966年早稲田大学卒業。68年米カリフォルニア州立大学バークレー校大学院修士課程修了、70年読売新聞入社。ワシントン常駐特派員を2度務めた後、アメリカ総局長、東京本社取締役調査研究本部長などを歴任。近著に『中国VSアメリカ』『アメリカはカムバックする!』(いずれもウェッジ)がある。

ジョージアでの敗戦と暴動

 そしてさらに大統領にとってボデーブローとなったのが、5日行われたジョージア州における2席をめぐる上院決戦投票の結果だった。

 トランプ氏は前日、「負ければ民主党が議会も制し、暴走が始まる」として共和党2候補支援のため現地に足を運び、熱弁を振るった。しかし、2議席とも民主党が勝利を収めた結果、上院での与野党勢力が50対50となり、今後は下院に加え、上院も民主党主導体制が確定した。トランプ氏は退任前の「最後の戦い」と位置付けてきただけに、これ以上ない敗北を味わされたことになる。現職大統領として再選を果たせず、1期のうみで退任に追い込まれるのは、H.W.ブッシュ氏以来、28年ぶりという不名誉を着せられた上に、上下両院ともに民主党に多数支配を許すという“トリプルパンチ”で受けた衝撃は計り知れないものがある。

 CNNによると、最近の大統領は、1月20日に迫ったバイデン次期大統領就任式を前に、深刻化するコロナ危機や緊迫する中東情勢などには全く関心を見せず、「員隠滅滅たる日々」が続いていた。政権交代を前に高官たちが相次いで荷物をまとめ立ち去り始めるにつれて閑散としてきたホワイトハウスの中にあって、廊下ですれ違うスタッフたちには「自分が選挙で負けるはずがない」「なんとか結果を覆したい」などと相変わらず愚痴を繰り返しているという。そして 側近の一人はCNN記者にこう漏らしている、

 「大統領の精神状況は悪くなるばかりだ。仲間たちの中には、そうした場面に出くわすのを不快に思い、あえて大統領と顔を合わせるのを避けたがる人間も出始めている」

 それでも6日夜には、トランプ大統領の扇動する暴徒が米議会に乱入、ワシントン市全体に「非常事態宣言」が敷かれる中で、共和党多数の上院が大統領選選挙人による投票結果を正式に承認、第46代バイデン大統領の就任が最終確定した。

 刃折れ、矢尽きたトランプ氏―。退任後にはさらに、大統領就任前そして在任中の脱税、司法妨害、ロシアとの共謀などさまざまな疑惑をめぐり民主党議会での手厳しい追及や司直の手が待ち構えている。ホワイトハウスを離れた後は、周辺でうわさされる2024年大統領選再出馬の準備どころか、これまで以上に不安な日々となる可能性も否定できなくなりつつある。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る