海野素央の Love Trumps Hate

2021年1月12日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

上院共和党はどう出るのか?

 米下院はトランプ大統領の弾劾決議案を13日に採決する予定です。下院(435議席)では弾劾に過半数の票が必要です。多数派は民主党なので、前述した通り、トランプ氏は米国史上初めて2回弾劾された大統領になる公算は大きいです。

 バイデン氏の就任式まで残り10日を切りましたが、ペロシ下院議長はトランプ大統領に連邦議会議事堂乱入の責任をとらせることへの固い決意を示しています。

 一方、上院(100議席)の弾劾裁判でトランプ氏を有罪にするには、3分の2以上の賛成が必要です。民主党は南部ジョージア州で2議席を獲得し、50議席を確保しているので、共和党から17票以上が必要です。

 上院はバイデン氏の就任後に弾劾裁判が開催される可能性が高くなりました。2019年のトランプ弾劾裁判において、共和党ではミット・ロムニー上院議員(西部ユタ州)のみが「権力乱用」の訴追条項に有罪の票を投じました。しかし、今回はかなり状況が異なります。

 リサ・マーカウスキー上院議員(北西部アラスカ州)は共和党議員として初めてトランプ大統領の辞任を求めました。加えて、ベン・サス上院議員(中西部ネブラスカ州)及びパット・トゥーミー上院議員(東部ペンシルべニア州)もトランプ辞任に賛成しています。バイデン氏は地元デラウェア州での記者会見でロムニー氏と連絡を取り合っていることを明かしました。

 仮にうえの4人の上院議員が弾劾裁判でトランプ氏有罪に賛成票を投じるとしても、民主党は共和党から最低13人の造反が必要です。では、民主党が共和党からそれ以上の賛成票を得ることは不可能なのでしょうか。トランプ有罪に票を投じるように、共和党上院議員を動機づけるものはないのでしょうか。

 おそらく共和党上院は2024年大統領選挙で、同党の顔がトランプ氏では勝利できないと判断した場合、17人以上の上院議員が有罪に賛成する可能性が出てきます。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る