2022年8月10日(水)

WEDGE REPORT

2021年2月27日

»著者プロフィール
閉じる

伊藤めぐみ (いとう・めぐみ)

中東在住ジャーナリスト

ホームページhttps://itomegumi1483.wixsite.com/website
1985年生まれ。紛争、思想、歴史をテーマに取材。2002年中米ホンジュラス共和国に1年間留学。中部大学卒業国際関係学部、東京大学総合文化研究科相関社会科学修士課程で社会思想を専攻。
2011年よりテレビ番組制作会社ホームルームに入社し、イラク戦争、ベトナム戦争、人道支援、障害者、町工場などをテーマにドキュメンタリーを制作。2018年よりフリーランス。
2013年にドキュメンタリー映画『ファルージャ イラク戦争 日本人人質事件…そして』を監督。第1回山本美香記念国際ジャーナリスト賞、第十四回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞奨励賞を受賞。イランの映画祭、Cinema Vérité ; Iran International Documentary Film Festival、アメリカ・ロサンゼルスの映画祭 LA Eiga Fest でも上映。NHK BS1『命の巨大倉庫』がATP賞奨励賞を受賞。ベトナム戦争についてのルポルタージュが潮ノンフィクション賞にノミネート。
現在、イラククルド人自治区のクルディスタン・ハウレル大学修士課程に留学中。

足りない支援

 その後、2日間かけて親戚や近所の人を含む9家族を訪問した。その際にいつも聞かれることがあった。

 「それで、あなたはどちらのNGOの方ですか?」

 「ヨーロッパなど外国で暮らしたいのですが、どうしたら申請できるか伝手はありませんか?」

 一度のインタビューで2度3度と、自分は取材者であると説明しなければならないこともあった。ようやくわかってもらえると「あー」と言われ、少し残念そうな顔をされる。

 難民となった人たちへの支援がないわけではない。2015年以前にレバノンにやって来たシリア難民はUNHCR(国連高等難民弁務官事務所)に登録することができ、基準に達すれば一定の支援を得られる。現金支援で1カ月1家族あたり175ドル、また食料支援として1人あたり27ドルのカードが支給される。しかし支援がもらえるのは全シリア難民ではなく、金額も十分ではない。

 またレバノン政府は難民条約を批准していない。そのため国連などが運営する正式な難民キャンプはなく、難民はテント小屋であってもレバノン人の土地所有者に土地代を払わなければならないため出費が重なる。

 「すでに入院費用で100万レバニーズ・ポンド(現在の闇レートで120ドル)の借金があります。薬代にもこれからまたお金がかかります」

 「娘は9歳なのに年の割に体が小さいのです。血液の病気があるのです。でも病院に行くお金がありません」

 多くの家が病気の家族を抱え、借金を負っていた。

 国連だけではなく、NGOなどによる支援もある。しかし援助機関に対しては期待と同時に不信感もある。

 「NGOによる教育支援はあります。でもちゃんと教えていないんです。4年間、勉強しているけれども文字が書けません。国連からお金をもらうために学校を運営しているだけなんです」

 「自分の子どもの名前を使って募金を集めていた外国人がいました。でも途中から彼女はいなくなってしまいました。お金を持って逃げたんだと思います」

 いずれも「印象」と「憶測」の段階の話であり、さらなる取材が必要だ。効果的な支援をしているNGOもあるし、レバノン政府の協力があまり得られないので、一概に国連やNGOの問題とだけいうことはできない。

 それでも問題がないわけではない。アクセスのしやすさ、関心の違いで行われる援助にも差が出てくる。2020年8月に起きたベイルート港爆発事故の時の支援は街中にNGOのテントがあふれるほどだった。ここアッカルの光景は対照的なほどに閑散としていた。通訳のSがこうつぶやいた。

 「本当にどこの家でも支援はないのかって何度も聞かれて困っちゃうけれど、でも本当に彼らは何も持ってないんだもんね」

収入を得るために女性たちがジャガイモ畑で働く

関連記事

新着記事

»もっと見る