WEDGE REPORT

2021年2月26日

»著者プロフィール
閉じる

樫山幸夫 (かしやま・ゆきお)

元産經新聞論説委員長

元産經新聞論説委員長。政治部で中曽根首相番、竹下幹事長番、霞クラブ(外務省)詰め、ワシントン特派員、同支局長、外信部次長、編集局次長、正論調査室長兼論説委員、産経新聞社監査役を歴任。2度のワシントン勤務時代は、ホワイトハウス、国務省などを担当、米国の内政、外交など幅広く取材した。

なぜ真摯に謝罪、反省できぬ

 女性蔑視発言で五輪組織委員会のトップを追われた元首相も、これまた、「一国の指導者だった人の言動か」と目を疑うばかりだった。

 謝罪会見で、「面白おかしくしたいから聞いてるんだろう」などと逆切れ、直後に出演した民放テレビ番組では、「無責任な連中が多い」とメディアを誹謗した。反省などみじんもないというべきだろう。

 居座りを決め込み、世論に押されて退陣表明したのは問題発言から10日もあとだった。辞任会見でも「解釈の仕方だと思う。そういうつもりではなかった」と非を認めようとしなかった。

 米国で問題を起こした人たちを、ほめているのではもちろんない。愚かさでは日本にまさるとも劣らない。ただ彼らは、本音はともかく、表面上は少なくとも、国民をだましたり、開き直って居丈高になることはなかった。

 日本で過ちを犯した人たちには、なぜそれができなかったのだろう。残念というほかはない。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る