勝負の分かれ目

2022年1月6日

»著者プロフィール

 ラストマッチとはいえ、いい意味で〝課題〟も残した一戦となった。キックボクシングRISE世界フェザー級王者の那須川天心が大みそかの総合格闘技イベント「RIZIN.33」で元PRIDEライト級王者の五味隆典と対戦。ボクシングルールに準じた特別ルールのエキシビションマッチで相まみえ、壮絶な打撃戦の末にドローに終わった。

(Motoo Naka/アフロ)

 試合前日の公開軽量で那須川が62キロだったのに対し、五味は75.3キロを計測した。両者の体重差は実に13.3キロ。通常のボクシングの試合であれば、一歩間違うと危険極まりない。

 ボクシングの階級で例えればスーパーライト級と4階級も上のスーパーミドル級の選手が激突するようなものだ。試合後の天心が思わず「ハンマーで殴られていると感じた」と振り返ったコメントは十分過ぎるほどに説得力があった。

 しかも、このカードが正式に発表されたのは1週間前。那須川の対戦相手として五味に水面下で打診があったのも、わずか2週間前だった。余りにも急造なカード決定となった感は否めない。

 43歳の五味はリング上でマイクを握り「もうムチャさせないで。榊原さん、オレいくつだと思ってるんだよ、2週間じゃ天心無理だろ。2週間じゃだめだよ、2か月じゃなきゃ」とRIZINの榊原信行CEOに向け、苦笑いで言い放った。至極ごもっとも――。これらストレートな直言は五味のファイトスタイル同様、心からの本音であろう。

〝世紀の一戦〟決定による代償

 昨年末の12月24日には、今年6月に那須川とK―1の3階級制覇王者で現スーパーフェザー級王者の武尊がキックボクシングルールで対決すると電撃発表された。

 デビュー以来キックボクシング45連勝中の神童と41戦40勝1敗を誇るK―1のカリスマ。両者が激突する世紀の一戦は6年前に那須川が対戦を熱望し、ぶち上げたものの所属の違いや異なるスポンサーの障壁などにさいなまれ続け、もはや実現不可能かと思われたが、中立のリングを条件として奇跡的にマッチメイクされることになった。日本格闘技界最高の一戦となることは約束されたようなものだ。

関連記事

新着記事

»もっと見る