世界の記述

2022年3月8日

»著者プロフィール
閉じる

宮下洋一 (みやした・よういち)

ジャーナリスト

在欧ジャーナリスト。1976年生まれ。スペイン・バルセロナ大学大学院でジャーナリズム修士。『卵子探しています』(小学館)で小学館ノンフィクション大賞優秀賞。『安楽死を遂げるまで』(同)で講談社ノンフィクション賞を受賞。近著に『ルポ・外国人ぎらい』(PHP新書)がある。
 

 多くの死傷者を出しているロシアのウクライナ軍事侵攻で、第三次世界大戦の懸念が深まる中、欧州連合(EU)はウクライナへの武器支援など、特別措置に踏み切っている。

 フランスのマクロン大統領は3月2日、「これは西側諸国とロシアの戦争ではない」と明言。「フランスも欧州もウクライナも北大西洋条約機構(NATO)も、この戦争を望まなかった。その反対で、我々はこれを阻止しようとした」とロシア政府を非難した。

DVIDS

 停戦の可能性が見えない中、マクロン大統領は、国外のエネルギーに依存しないことや「EUもロシアの天然ガスに頼らず、原子力発電の開発を進めるべきだ」と主張した。

 ロシア産天然ガスに依存してきたドイツは2月22日、ロシアからの海底輸送パイプライン「ノルドストリーム2」の承認を凍結。EUはこれまで、天然ガス40%と原油25%をロシアに依存してきた。

 ドイツ「緑の党」の元党首で、平和主義者で知られるベーアボック外相は「プーチン大統領の侵略戦争以来、世界は変わった。……対戦車兵器とスティンガーミサイル(携行可能な地対空ミサイル)を使ってウクライナ人が戦えるよう、我々は支援する」とツイッター上に投稿した。

 欧州がロシアに対し、エネルギー資源や経済制裁の面で強硬な姿勢を示すほか、軍事面でも例外的な措置を講じ始めた。注目すべき国は、スイス、スウェーデン、ドイツだ。

 スイスは1815年以来、永世中立国を貫いてきたが、EUの対露経済制裁に参加。プーチン大統領らの口座凍結に積極的な姿勢を示している。

 紛争国への武器提供を拒否してきたスウェーデンも、態度を一変させ、対戦車兵器をウクライナに提供。武器提供はソ連がフィンランドに侵攻した1939年以来だ。

 またドイツでは、ショルツ首相が2月28日、国内の軍事費に今年度予算から1000億ユーロ(約13兆円)を投じ、国防費を国内総生産(GDP)の2%に引き上げる考えを明かした。

 フォンデアライエンEU委員長は同日、ウクライナ軍支援にEUが4億5000万ユーロ(約580億円)の軍事費を投入すると発表。「今が大事な時である」と強調した。

 戦後まれに見る東西対立の激化で、ロシア側は経済的困窮に見舞われるが、欧州側は急激なエネルギー不足や価格高騰に直面せざるを得ないかもしれない。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

Wedge 2022年3月号より
魚も漁師も消えゆく日本
魚も漁師も消えゆく日本

四方を海に囲まれ、好漁場にも恵まれた日本。かつては、世界に冠たる水産大国だった。しかし日本の食卓を彩った魚は不漁が相次いでいる。魚の資源量が減少し続けているからだ。2020年12月、70年ぶりに漁業法が改正され、日本の漁業は「持続可能」を目指すべく舵を切ったかに見える。だが、日本の海が抱える問題は多い。突破口はあるのか

関連記事

新着記事

»もっと見る