世界の記述

2022年2月6日

»著者プロフィール
閉じる

宮下洋一 (みやした・よういち)

ジャーナリスト

在欧ジャーナリスト。1976年生まれ。スペイン・バルセロナ大学大学院でジャーナリズム修士。『卵子探しています』(小学館)で小学館ノンフィクション大賞優秀賞。『安楽死を遂げるまで』(同)で講談社ノンフィクション賞を受賞。近著に『ルポ・外国人ぎらい』(PHP新書)がある。
 

 南太平洋に浮かぶフランスの海外領土ニューカレドニアで昨年12月12日、フランスからの独立を問う3回目の住民投票が行われ、「残留」が「独立」を大幅に上回った。

 フランスのエマニュエル・マクロン大統領は同日、テレビ演説で「ニューカレドニアが残留を決めたことで、フランスはひときわ美しくなった」と表明した。

 今回で最後となる住民投票の投票率は44%。残留派が96.5%で、独立派の3.5%を圧倒的に上回った。

 独立派の先住民「カナク」は昨年9月、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、住民投票の延期を求めた。カナクの半数以上が投票所に出向かなかったことが大差の原因ともいわれる。

独立を目指す先住民カナクの間では、住民投票への不満がくすぶっている (AFP/AFLO)

 しかし、投票率が約2倍だった2020年の前回投票でも、残留派が53.3%で、独立派は46.7%にとどまった。18年にも、それぞれ56%と44%で、3回にわたる全ての住民投票で残留派が優位に立ってきた。

 1853年にフランスに併合されたニューカレドニアの人口は、約27万人(同政府発表)。欧州の電子新聞『ローカル』によると、先住民カナクは人口の39%を占め、残留派の欧州系住民は27%と少数派のようだ。

 ニューカレドニアの中小企業連盟(CPME)のヤン・ルシアン会長は、地元テレビ局の取材に対し「投票結果は重要でない。未来は共に生き、共に働くことであり、独立派も残留派も中立派もない」との考えを訴えた。

 一方、独立を扇動したカレドニアン連合(UC)のベルナール・ルポ元党首は「(マクロン)大統領は、ニューカレドニアの利益でなく、フランスの利益を守るために残留を求めている。残忍な住民投票だ」と批判した。

 なぜフランスは、独立に反対するのだろうか。ニューカレドニアは、レアメタル(希少金属)のニッケルの産出地で、世界の約25%を占めるといわれる。

 加えて、フランスがこの海外領土の独立を妨げたい最大の理由は、インド太平洋全域で経済進出を続ける中国に対して、危機感を強めているからだ。

 太平洋地域専門のアナリスト、バスチアン・バンデンディック氏は、フランス経済紙『レゼコー』に対し、「メラネシア(南太平洋上の島々)は、すでに中国の監視下に置かれている」と指摘。「残されているのはニューカレドニアだけだ」と警鐘を鳴らした。

 3回の住民投票を終えたニューカレドニアだが、先住民らの再投票を求める動きは、今後も続きそうだ。

Wedge2月号では、以下の​特集「人類×テックの未来  テクノロジーの新潮流 変革のチャンスをつかめ」を組んでいます。全国の書店や駅売店、アマゾンでお買い求めいただけます。
人類×テックの未来  テクノロジーの新潮流 変革のチャンスをつかめ
part1​   未来を拓くテクノロジー  
1-1 メタバースの登場は必然だった
宮田拓弥(Scrum Ventures 創業者兼ジェネラルパートナー)
  column 1   次なる技術を作るのはGAFAではない ケヴィン・ケリー(『WIRED』誌創刊編集長)
1-2 脱・中央制御型 〝群れ〟をつくるロボット 編集部
1-3 「限界」を超えよう IOWNでつくる未来の世界 編集部
  column 2   未来を見定めるための「SFプロトタイピング」  ブライアン・デイビッド・ジョンソン(フューチャリスト) 
part2   キラリと光る日本の技  
2-1 日本の文化を未来につなぐ 人のチカラと技術のチカラ 堀川晃菜(サイエンスライター/科学コミュニケーター)
2-2 日本発の先端技術 バケツ1杯の水から棲む魚が分かる! 詫摩雅子(科学ライター)
2-3 魚の養殖×ゲノム編集の可能性 食料問題解決を目指す 松永和紀(科学ジャーナリスト)
part3   コミュニケーションが生み出す力  
天才たちの雑談
松尾 豊(東京大学大学院工学系研究科 教授)
加藤真平(東京大学大学院情報理工学系研究科 准教授)
瀧口友里奈(経済キャスター/東京大学工学部アドバイザリーボード・メンバー)
合田圭介(東京大学大学院理学系研究科 教授)
暦本純一(東京大学大学院情報学環 教授)
  column 3   新規ビジネスの創出にも直結 SF思考の差が国力の差になる  
宮本道人(科学文化作家/応用文学者)
part4   宇宙からの視座  
毛利衛氏 未来を語る──テクノロジーの活用と人類の繁栄 毛利 衛(宇宙飛行士)

◇◆Wedge Online Premium​(有料) ◆◇

 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

Wedge 2022年2月号より
テクノロジーの新潮流 変革のチャンスをつかめ
テクノロジーの新潮流 変革のチャンスをつかめ

メタバース、自律型ロボット─。世界では次々と新しいテクノロジーが誕生している。日本でも既存技術を有効活用し、GAFAなどに対抗すべく、世界で主導権を握ろうとする動きもある。意外に思えるかもしれないが、かつて日本で隆盛したSF小説や漫画にヒントが隠れていたりもする。テクノロジーの新潮流が見えてきた中で、人類はこの変革のチャンスをどのように生かしていくべきか考える。

関連記事

新着記事

»もっと見る