2022年9月27日(火)

日本の漁業 こうすれば復活できる

2022年9月4日

»著者プロフィール
著者
閉じる

片野 歩 (かたの・あゆむ)

水産会社社員

東京生まれ。早稲田大学卒。2015年水産物の持続可能性(サスティナビリティー)を議論する国際会議シーフードサミットで日本人初の最優秀賞を政策提言(Advocacy)部門で受賞。1990年より、最前線で北欧を主体とした水産物の買付業務に携わる。特に世界第2位の輸出国として成長を続けているノルウェーには、20年以上、毎年訪問を続け、日本の水産業との違いを目の当たりにしてきた。著書に『日本の水産資源管理』(慶應義塾大学出版会) 『日本の漁業が崩壊する本当の理由』『魚はどこに消えた?』(ともにウェッジ)、『日本の水産業は復活できる!』(日本経済新聞出版社)、「ノルウェーの水産資源管理改革」(八田達夫・髙田眞著、『日本の農林水産業』<日本経済新聞出版社>所収)。

小さな魚まで獲る国は世界にあるのか?

 日本では、水産資源管理の不備で多くの魚種が減少しています。主要魚種の1つであるマアジの漁獲量も減少傾向にあります。マアジは1歳で尾又長16~18センチに成長する魚です。ほぼ100%成熟するのが2歳で同22~24センチです。

(筆者撮影)

 写真にあるような5~10センチのマアジは産卵できるまで成長せずに漁獲されたものです。しかも小さくても食用になるのはまだ良い方で、実際にはマアジの約3割(2020年・農林水産省)も養殖のエサ向けなど、非食用向けとなっています。小さな魚まで獲る国、それは残念ながら日本のことです。これから、それらの例を挙げて行きましょう。

(出所)水産研究教育機構

 上のグラフをご覧下さい。ほとんど0~1歳の幼魚の内にマアジが漁獲されていることがわかります。マアジの寿命は5年前後と考えられています。これでは成長して産卵する機会を奪ってしまっていますので、資源量は増えようがありません。

 下の写真は小さな甘エビです。皮肉なことに、売り場などで見る幼魚、小さな甲殻類などは国産ばかりです。科学的根拠にもとづく水産資源管理が機能している漁業先進国である北米、北欧、オセアニアなどでは、日本と違い、まだ価値が低い小さな魚や水産物はもったいないので漁獲しません。日本が輸入しているのは、価値も価格も高い輸入水産物です。このため「あれっ?」と思う小さいのは国産の魚介類ばかりなのです。

(筆者撮影)

 小さな毛ガニやズワイガニも見かけます。これらのカニはエビのように丸ごと唐揚げにできません。小さなカニはそもそも可食部がほとんどないのです。もっと大きくなってから獲れば良いのではないでしょうか?

可食部は?小さな毛ガニ(筆者撮影)

 オスに比べて小さなズワイガニのメス。セイコガニなどと呼ばれて売られていますが、日本がズワイガニを輸入する北米等は、メスの漁獲を禁止していて、獲れても逃がしています。

 漁獲枠がなかったり、漁獲枠があっても大き過ぎたり、または個別割当方式になって配分されていなかったりでは、自分が獲らなければ他の人に獲られてしまうという発想になってしまいます。これを「共有地の悲劇」と言います。

 その結果、将来にとって悪いと分かっていても、小さな魚や甲殻類を獲ってしまいます。そして獲れなくなると、さらに頑張って小さくても獲り、さらに減って行きます。これが多くの魚種において全国各地で起こっている悪循環です。

新着記事

»もっと見る