2024年6月19日(水)

プーチンのロシア

2024年5月28日

 ロシアのプーチン大統領が5月16日、中国を訪問し、習近平国家主席と会談した。プーチン大統領が5期目に入って初めての外国訪問先として注目されているが、この背景には「中国が今や隣国ロシアの将来を気にしている」ことがあると考えられる。

中国を訪問し、習近平国家主席と会談したロシアのプーチン大統領。2人の指導者はこの先の世界をどう見ているのか(Contributor / gettyimages)

 ウクライナ戦争の帰趨は? プーチン政権の行く末は? ポスト・プーチンのロシアは一体どこに向かうのか? これらの点に中国はことさら強い関心を持っているはずだ。習主席はプーチン大統領を北京に招いてウクライナでのロシアの勝利とロシアの将来に見通しをつけたかったに違いない。

 それには理由がある。地続きの友邦ロシアが将来どうなるのか? それが中国の利害に直接響く重大な問題だからだ。

 仮にプーチン氏と同じ系統の専制的強権がモスクワに誕生するならとりあえずは安心だ。しかし欧米が政策的な跳躍を図り、ポスト・プーチンのロシアを西側の友好国にしてしまえば、事態は中国にとって非常に深刻だ。

 ユーラシア大陸、すなわちリスボンからウラジオストクまでが自由民主の帯になってしまうからだ。これが中国の最大の懸念だ。

 ロシアが西側の友好国になることなどありえるのか? 本稿では欧米で交わされている議論を紐解き、ロシアの民主化の可能性、仮に民主化が実現した場合に中国はどのように動くかについて検討し、今回のプーチン訪中をどう見るかの論点を提示したい。


新着記事

»もっと見る