2024年7月18日(木)

BBC News

2024年7月11日

4日にイギリス総選挙で政権交代を実現して新首相となったキア・スターマー氏は10日、首相として初めてジョー・バイデン米大統領と対面での会談に臨んだ。スターマー氏は北大西洋条約機構(NATO)設立75周年の首脳会議のため、訪米した。

スターマー首相はNATO首脳会議から数時間後に、ホワイトハウスを訪れた。大統領執務室で記者団を前に、イギリスとアメリカの間にある歴史的な「特別な関係は実に重要だ。厳しい状況の中で鍛え作られてきたもので、実に長いこと持ちこたえてきた。今では、かつてないほど強力」だと述べた。

バイデン大統領は米英両国が「最高の同盟国同士」だと強調。さらにNATOについて、イギリスが「欧州に近ければ近いほど」、「大西洋をまたぐ同盟を結びつける結び目」になると話した。

両首脳はスターマー新首相が就任して間もない5日の時点で、電話では話している。

スターマー首相はさらに、イギリスがウクライナに提供する年間30億ポンド規模の軍事支援は、今後も継続すると表明した。

バイデン大統領は、「事態は正しい方向へ向かっている。私は本当に楽観的な気持ちでいる」と話した。

スターマー氏は、バイデン氏によるNATO首脳会議の開催を祝い、「前より大きいNATO、強いNATOだ。必要としている強い意志の力をもったNATOだ」と述べた。

(英語記事 UK-US relations 'strong' says PM as he meets Biden

提供元:https://www.bbc.com/japanese/articles/cv2gnpvmwnxo


新着記事

»もっと見る