2023年2月4日(土)

日本の漁業は崖っぷち

2014年12月2日

»著者プロフィール
著者
閉じる

片野 歩 (かたの・あゆむ)

水産会社社員

東京生まれ。早稲田大学卒。2015年水産物の持続可能性(サスティナビリティー)を議論する国際会議シーフードサミットで日本人初の最優秀賞を政策提言(Advocacy)部門で受賞。1990年より、最前線で北欧を主体とした水産物の買付業務に携わる。特に世界第2位の輸出国として成長を続けているノルウェーには、20年以上、毎年訪問を続け、日本の水産業との違いを目の当たりにしてきた。著書に『日本の水産資源管理』(慶應義塾大学出版会) 『日本の漁業が崩壊する本当の理由』『魚はどこに消えた?』(ともにウェッジ)、『日本の水産業は復活できる!』(日本経済新聞出版社)、「ノルウェーの水産資源管理改革」(八田達夫・髙田眞著、『日本の農林水産業』<日本経済新聞出版社>所収)。

デンマーク船内のジム。作業が楽で、運動が必要なのか?と思うくらいしっかりした設備

 日本の漁業は働く環境が厳しく、収入もあまり多くないので、若い人にとって魅力がない産業と映るのでしょう。一方、北欧では、船ひとつとっても分かるように、労働環境も良く収入も多いので、日本のような漁業者の高齢化や後継者不足の問題は起きていません。

 この漁船は全長46メートルで総トン数4,200トン。2014年の4月に完成した新船です。以前の船は2008年の建造でしたが売却したそうです。船員は6名で撮影時に乗っていない船員があと約6名いて、交代で船に乗るとのこと。以前の船も、この漁船も、乗組員の数は変わらず、船だけが巨大になっています。もちろんデンマークも個別割当制度です(ITQ)。

 日本のような水揚げ規制で、例えば操業を1日ごとにした場合でも、1日休んで翌日2日分獲ってしまえば意味がありません。船が小さくても、それぞれの漁船の漁獲能力が向上していけば、魚は減っていってしまいます。要は、資源管理のためには、船の大きさが問題なのではなく、資源が今どれだけあって、どの位まで獲っても今後資源が持続的(サステイナブル)になるのかを分析し、その数量を漁獲枠(TAC)として設定し、さらに個別割当にしていくことがポイントなのです。

 日本の場合は、科学的な根拠に基づく厳格な資源管理が実施される仕組みができているとは言い難いために、大型船は水産資源にとって脅威となっているのです。実際に、今の日本の資源管理体制で、大型の巻網船が増えれば、資源枯渇を加速させてしまうだけで、非常に危険です。仮に大型巻き網船が資源を悪化させ元凶であるのならば、なぜ大型巻き網の新造船がどんどん建造されている北欧の資源管理がうまくいって、漁業が成長産業になっているのか考えてみるとよいでしょう。

海外から「stupid」と言われる日本の漁業

 日本とノルウェーのサバの生産現場を比較すると、その大変さと無駄が浮き彫りになります。

(1)ノルウェーでは船が沖合にいる時点でオークションにかけられます。前日には翌日仕事があるかないかわかっていますので準備が楽です。日本では朝水揚げ現場でセリがあり、魚が買えたら大急ぎで人を集めねばなりません。

(2)ノルウェー漁船は獲れた魚のサイズや数量を正確に報告します。魚を見ないでオークションが行われるので、間違った報告は信用がなくなり、入札価格にも響きます。申告より小さい場合は値引きが行われます。日本の場合は、自分の目で見て買い手が判断します。失敗は許されません。


新着記事

»もっと見る