2022年9月28日(水)

田部康喜のTV読本

2015年5月13日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

コラムニスト

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

時代を超えた共感を呼ぶ夫婦の物語

 料理人になる夢を追い続ける篤蔵と、妻の俊子の物語もまた、時代を超えた共感を呼ばずにはおかない。

 子どもができたことがわかった俊子は、実家に戻る。篤蔵は職場にいかなければならない。道端に妊娠した猫が横たわっている。俊子はいう。

 「猫だってひとりで子ども育てるのですから、わたしも大丈夫です」と。

 俊子役の黒木華は、語り手役も務めて、抑制した演技とともに、篤蔵との愛情の深さがよく伝わってくる。

 青春はひとりで生き抜けるものではない。家族や周辺の人々の支えによって成し遂げられるのである。そのことがわかるためには、月日が必要である。

 ドラマのなかで、料理長の宇佐美が「料理は技術ではなく、まごころである」というセリフの「料理」を「仕事」と言い換えれば、若者が成長するために必要なのは実は、周囲に対する感謝の気持ちである、ことになる。

 わたしの口調が妙に説教臭くなるのは、年齢のせいとお許し願いたい。このドラマはけっしてそうではない。

 日露戦争の戦闘シーンなど、ドラマのなかで記録映像が効果的に使われている。華族会館はいまではないが、ロケには、綱町三井倶楽部(港区三田)や三菱1号館(丸の内)など、明治時代の建築物が登場する。

 ドラマの先には戦争の時代がある。篤蔵はそこで人生のなにを見出すのだろう。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

新着記事

»もっと見る