山陽新幹線各駅停車の旅

2015年8月17日

»著者プロフィール

古くから、島全体が神として信仰を集める宮島「厳島神社」と、
広島市に原子爆弾が投下された惨禍を伝える「原爆ドーム」。
ふたつの世界遺産をめぐる旅。
お好み焼き・牡蠣・バターケーキなど、広島ならではの食も堪能。

写真:吉次史成(以下、同)

JR山陽新幹線「広島駅」から1泊2日 旅の道筋
(※おおよその目安です)

 ~1日目~

<11:00~>
「広島駅」からJR山陽本線で「宮島口駅」へ。*乗車時間約26分

<12:00~>
宮島口駅前の「あなごめしうえの」で昼食。「エピロ」へも。

<13:00~>
「宮島口JRフェリーのりば」からフェリーで宮島へ渡る。(約10分)
宮島で過ごす。
「sarasvati」「伊都隠岐珈琲」「北之町厳妹屋」「民芸品の店やまと」など。

<16:00~>
「ひろしま世界遺産航路」で、「宮島3号桟橋」~「平和公園」(広島市内中心部)へ船で渡る予定(約45分)が、当日は潮が低く欠航。急遽、宮島から宮島口へフェリーで戻り、「広電宮島口駅」から広島市内中心部へ。(約50分)

<18:00~>
広島市中心部で過ごす。
「中村屋」「新京本店」「ホテルフレックス」「広島グランドインテリジェントホテルズ」など。

 ~2日目~

<9:00~>
ぴーすくる「広島市観光レンタサイクル ぴーすくる」を利用し、レンタサイクルで広島市中心部をめぐる。
「世界平和記念聖堂」「長崎堂」「多津瀬」「平和記念公園」「広島アンデルセン」「八昌」など。

<20:00~>
帰路につく。

関連記事

新着記事

»もっと見る