ビジネススキルを活かして楽しむ脱力系子育てのススメ

2016年9月5日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小川大介 (おがわ・だいすけ)

1973年生まれ。京都大学法学部卒業。学生時代から大学受験予備校、大手進学塾で受験国語の看板講師として活躍。難関中学、国公立大学医学部などへ多数の合格者を送り出す。2000年、さらなる学習指導の理想を追求し、中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1を設立。教科指導スキルに、声かけメソッド、逆算思考、習慣化指導を組み合わせ、短期間の成績向上を実現する独自ノウハウを確立する。著書に『小川式[声かけ]メソッド』(宝島社)、『中学受験 基本のキ!』(共著:日経BP社)、『頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある』(すばる舎)、『論理力は小学6年間の国語で強くなる』(かんき出版)など。今年10歳になる男の子の父。

 この方針を守って関われば、チェックリストに対する抵抗がなくなっていきますから、お子さんは、リストを使って自分でルーティンを管理することがだんだん出来るようになっていきます。

 最初は毎日確認を手伝ってあげるにしても、お子さんが慣れてきたら、毎日ではなく時折確認しては褒めるだけで大丈夫になるでしょう。ただ、完全に子ども任せで声かけもしないというのは良くありません。チェックリストはルーティンについて考える手間を省いてはくれますが、子どもがルーティンを続ける原動力は、褒められること認められることにあるからです。

 ここは忘れがちなポイントですから、意識するようにしてください。

徹底的に具体化させるのがコツ

 最後にチェックリストの作り方です。お子さんが自分で自分の行動を管理できることが目標ですから、書き出す内容と、使う言葉は、お子さんに合わせて徹底的に具体的にしてください。「いつ」「どこで」「何を使って」「何を」「どのように」「どれぐらい」行うのかを明らかにしていきましょう。

 実際の例として、我が家で小学校低学年の子どものために作成したチェックリストをご紹介します。

 講演会などでこのリストを紹介するたびに、参加者からは「ここまで具体化するの!?」とどよめきが起きるのですが、徹底的に具体化した分だけ、子どもはルーティンを上手くこなしてくれるようになります。

 ぜひ、お子さんと一緒に具体的なチェックリストを作って、毎日「出来たこと」を褒めてあげてください。

 次回は、親子喧嘩を激減させる、家庭内会議のススメをお話ししたいと思います。

 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る