2022年12月6日(火)

青山学院大学シンギュラリティ研究所 講演会

2019年2月6日

»著者プロフィール

TNQLの発展性と将来

 こうしたファッション分析以外にTNQLがやっていることがあります。これはすでに実施している例ですが、小学館の「しごとなでしこ」というWebサイトと提携して、天候とコーディネートをパーツとして提供しました(2018年12月末で終了)。これが女性にとっては毎日の関心事になるのでメディアに人を呼んでくるパワーがすごくあり、PVの増加にも役立ちました。

 

 また現在仕様協議中の案件ですが、大手グルメサイトに食品やレストランの広告を出すときに天候や気温を加味することを検討しています。また、天候に応じた店舗提案やファンションコーデ、雨の日ポーンの連動なども考えています。

 また航空会社サイトにおいて、目的地の天候とそれにあったコーデをリコメンするアプリの実装も進んでいます。イベントに参加する仲間を探すアプリにおいても、当日の天候予測やどの時間帯に雨が降るなどの細かい予測の表示ができます。スーパーマーケットと提携して、地域の天候に応じた広告や商品情報を表示させるという試み提案中です。このように今後もユーザーや地域に応じたマイクロマーケティングを展開していく予定です。

TNQLサービスサイト:https://tnql.jp

TNQL情報サイト:https://info.tnql.jp

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

新着記事

»もっと見る