足立倫行のプレミアムエッセイ

2019年10月31日

»著者プロフィール
仁徳天皇陵(kazumi miyamoto/gettyimages)

 大阪府の堺、羽曳野、藤井寺の3市にまたがる百舌鳥(もず)・古市古墳群が、今年7月、ユネスコの世界文化遺産に登録された。

 古墳時代中期(4世紀後半~5世紀後半)の日本独自の前方後円墳や円墳、方墳など大きさや形もさまざまな古墳49基(そのうち29基は、天皇や皇后、皇族を埋葬した墓として宮内庁が官吏する「陸墓」)である。

 世界遺産の理由は「古代東アジアの墳墓築造の一つの顕著な類型を示すもの」ということだから、都市の住宅街にあって1600年以上も形態を保つ古墳群は充分に値する。

 ただし、今後の整備と情報発信については、私はかなり危惧するところがある。

なぜ巨大化したのか? 両巨大古墳の被葬者は誰なのか?

 今回のシンボルは、堺市の大山(だいせん)古墳(仁徳天皇陵)と、羽曳野市の誉田御廟山(こんだごびょうやま)古墳(応神天皇陵)。墳丘長486メートルの大山古墳はクフ王のピラミッドや秦の始皇帝陵と並ぶ世界最大級の墳墓、誉田御廟山古墳は長さこそ大山古墳より61メートル短いものの、体積では大山古墳以上とされる巨大古墳だ。

 墳丘長200メートルを越す前方後円墳は、古墳時代前期(3世紀後半~4世紀末)には奈良盆地東南部や北部にあったが、5世紀初頭前後に大阪平野に移って巨大化した。

 ならば、大王(天皇)の墳墓と称される大型古墳はなぜ造営地が移動し、なぜ巨大化したのか? 両巨大古墳の被葬者は誰なのか?

 この疑問は、これから百舌鳥・古市古墳群を訪れる人なら誰しも抱くものだと思うが、現状では応える態勢になっていない。

 現在、古代史研究を主導している考古学界では「学術的に被葬者が確定していない」として、登録名称の「仁徳天皇陵古墳」「応神天皇陵古墳」に反対しているからだ(従って所在地名で大山、誉田御廟山古墳と呼ぶ)。

 考古学者による移動と巨大化の主な理由は次の通り。

  1. 4世紀後半から朝鮮半島で政治的緊張があり、ヤマト王権は鉄資源を入手するべく、百済などと協調し兵力を派遣するようになった。大和から河内へ大王墓が移ったのは海の玄関口の押さえの万全化。
  2. 5世紀に入り高句麗、百済、新羅の王墓はみな大型化した。それに対抗しようと、河内の大王墓も急速に巨大化した……。

 理解はできるが、大変化の主原因が「鉄資源」というのは納得できない。高句麗王墓(将軍塚)は一辺32メートルの積石塚、新羅王墓の双円墳(皇南大塚)も長さ120メートルで、日本なら小中古墳。「対抗」とは?

 それに対し、文献史学の方では異なる見方をする。

王朝交替説

 通説では津田左右吉の『記紀』伝承研究以来、応神以降を実在の天皇と見るが、前代の仲衰と応神の間に断層を置くのが一般的だ。

 仲衰天皇は神功皇后の神託を信じず急死し、皇后が「三韓征伐」後「胎中天皇」応神を産んだ。つまり父子の繋がりが稀薄なのだ。

 そこで上田正昭氏のような王朝交替説が台頭する。応神の本名(ホムダワケ)がそれ以前の三輪王朝の大王名(イリヒコ)と違うこともあり、河内出身の王族が前王朝の娘の入婿となり王位についた(河内王朝)とするのだ。この場合、大阪湾近くの巨大古墳は、新王統の勢力を誇示するモニュメントになる。

 こちらの説の方がはるかに納得しやすい。

 ただし、河内王朝説では応神の出自を難波・河内方面と示すものの詳細がわからない。母とされた神功皇后を「荒唐無稽」と否定するので、『記紀』の物語も意味不明となる。

 こうしたことから私は、自分の本(『血脈の日本古代史』ベスト新書)では、古代氏族研究家の宝賀寿男氏の説を紹介した。

関連記事

新着記事

»もっと見る