2022年12月9日(金)

ベストセラーで読むアメリカ

2021年3月30日

»著者プロフィール

ニューヨークでさえ海面上昇への備えが急務

 水の都ベネチアにも筆者は飛び、当時はまだ未完成だった海水をせき止める巨大水門プロジェクトを取材したり、マンハッタンで策定されている浸水を防ぐための巨大壁プロジェクトの担当者に話を聞いたりする。2012年10月にハリケーン・サンディがニューヨーク市を直撃した時には、8万8000棟のビルに浸水し、44人が死亡、190億ドルの損害が生じた。世界の金融の中心であるウォール街を抱える超リッチなニューヨークでさえ海面上昇への備えが急務なのだ。 しかし、人工物で海面上昇に対応することの限界を、日本の例をひいて指摘する。

For one thing, as the flawed assumptions behind the design of the MOSE barrier in Venice have revealed, there's always a question about what level of protection the barrier is designed to provide. Residents of Kamaishi, Japan, thought they were safe behind a mile-long, twenty-foot-high steel-and-concrete seawall. But when a thirty-foot-high tsunami hit the region in 2011, the seawall crumbled and 935 Kamaishi residents died. Lower Manhattan and Japan are not directly comparable, if for no other reason than the fact that Lower Manhattan is not exposed to tsunamis. But whenever you build a wall, there is always the risk that Mother Nature won’t respect the design specifications.

「ひとつは、ベネチアのMOSE防御壁の設計の前提が間違っているように、防御壁がどれだけの海水に耐えられるように設計されているのかという問題が常に残る。日本の釜石の住民たちは自分たちは安全だと思っていた。2キロ近く続く高さ6メートルの鉄とコンクリートでできた防潮堤があったからだ。しかし、9メートルの津波がこの地域を2011年に襲ったとき、防潮堤は決壊し釜石の住民935人が亡くなった。マンハッタンの南端部(ウォール街などがある)と日本はそのまま比べられない。マンハッタン南端部は特に、津波の脅威にさらされているわけではない。しかし、壁を建設するときは常に、壁の設計値が想定している範囲を超えて大自然が襲い掛かってくるリスクは常にある」

 マイアミのように人工的に作られた都市は世界各地にあり、海面上昇のリスクと無縁ではないとも警鐘を鳴らす。次の一節では東京も例のひとつとして名前が出てくる。

On coasts and in shallow bays around the world, enormous dredging machines are pumping sand and gravel out of the bottom of the sea and creating new land. You can see it in the South China Sea, where China is rapidly turning coral reefs into islands to support military bases, airstrips, and port facilities. Since its independence in 1965, Singapore has expanded its size by almost a quarter, from 244 square miles to 277 square miles. Japan has reclaimed more than 100 square miles of land in Tokyo Bay alone.

「世界中の海岸部や浅い湾では、巨大な浚渫機が海の底から土砂をくみ上げ、新しい土地をつくりだしている。南シナ海をみればわかるように、中国はサンゴ礁を次々と島に造り変えて、軍事基地や滑走路、港湾施設を整備している。1965年に独立して以来、シンガポールはその国土面積をほぼ25%も増やした。244平方マイルだった国土は277平方マイルに増えたのだ。日本は東京湾だけで100平方マイル(約259平方キロメートル)以上を埋め立てている」

新着記事

»もっと見る