2022年9月29日(木)

勝負の分かれ目

2022年2月22日

»著者プロフィール

 あらためて羽生結弦の素晴らしさに魅了された人は多かったのではないか。20日に閉幕した北京冬季五輪のフィギュアスケート男子シングルは4位。3連覇の期待がかかった中、人類初のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ=4A)に果敢に挑戦し、国際スケート連盟(ISU)からジャンプの種類として世界で初めて認定されたものの、転倒して成功には至らず3連覇を逃した。

メダルを逃すも、「王者」たる生き様を見せた羽生結弦(新華社/アフロ)

 ショートプログラム(SP)で8位と大きく出遅れながらもフリーで巻き返して見事に4位入賞を果たした。素直に称賛されるべきであろう。

 幼少時から夢として描いていた五輪2連覇をソチ、平昌の舞台で達成。次に思い描いたロマンこそが史上初となる4Aの成功であった。

不運に見舞われるも、高い壁に挑む

 ショートプログラム(SP)の演技の際にはあろうことかリンク上の穴にハマってしまい、4回転サルコーが1回転となる不運に見舞われ、8位と大きく出遅れた。ここで並の選手ならばフリーでは無難な演技でまとめようと考えそうなものだが、羽生はあえて自身のロマンを追い求めて4Aの壁にチャレンジした。フリーの前日に右足首を捻挫するアクシデントに見舞われながらも、激痛を押して難易度の高い演技に挑んだ。

 確かに五輪3連覇は叶わなかった。しかし、五輪の檜舞台において十分な「功績」を残したことは疑いの余地などない。SPで予想だにしない「氷の魔物」に阻まれてしまったことで1位から18点もの差をつけられても「氷に嫌われちゃったのかな」と苦笑いを浮かべ、平常心を保った。

 その場で取り乱し、激しい動揺を露わにしたとしても不思議ではない。実際にロシア・オリンピック委員会(ROC)から出場した女子フィギュアスケートのカミラ・ワリエワやアレクサンドラ・トゥルソワのロシア勢2選手はフリーの演技終了後、自身の滑りや結果に納得がいかず泣き叫ぶシーンが、さまざまな意味で大きな波紋を呼び起こした。

新着記事

»もっと見る