2024年5月25日(土)

古希バックパッカー海外放浪記

2023年10月15日

『2023.7.3~9.20 80日間 総費用26万円(優待航空券1万5000円含む)』

“フクシマ・オニョムス”(福島汚染水)と連呼するニュース、メディア

 7月初旬から9月下旬まで自転車で韓国を一周した。テント積んでのキャンプ旅だったので市井の人々の率直な言葉を少なからず聞くことができたかと思う。ハングルは退職後に独学で始めた還暦の手習いなので些かお粗末ではあるが。

 当時韓国では連日TVのニュース番組で福島原発処理水海洋放出への反対運動、野党政治家のアジ演説、さまざまな団体の反対声明などを喧しく報道していた。違和感を覚えたのはどのTV局でも“処理水”を“汚染水”(オニョムス)と表現していたことである。本来中立であるべきTV局が“共に民主党”の李在明(イ・ジェミョン)氏のプロパガンダ演説に倣って“オニョムス”と連呼。中国政府が福島汚染水(フーダオ・ウランシュイ)と報道しているのと同じだ。偏向的な報道姿勢に疑問を感じた。

 7月初旬の韓国の世論調査では90%超が汚染水放出反対、汚染水放出による健康被害を懸念するという数字。メディアが野党と一緒になって“福島汚染水放出反対”の世論形を喚起していたのだ。

日本統治時代に建設された赤レンガのソウル駅は当時の威容を現在に伝える。旧総督府は忌まわしき植民地時代の象徴として破壊されたが、ソウル駅が破壊を免れた

中国韓国の専門家は福島原発処理水が全く安全と認識している

 7月6日。ソウルの宗廟の日本語ガイドツアーで放射能・放射線の日本人研究者S氏と一緒になった。S氏はソウルで開催された日中韓三カ国の研究者による学会に参加したばかり。

 福島処理水問題について両国の参加者からは一切発言がなかったとのこと。専門家の間では福島処理水の安全性については議論の余地がないほど明確なので話題にもならないとの解説。

 7月16日。全羅北道の益山市の郷校ヒャンキョ(李氏朝鮮時代の地方の儒学校)で出会った高校2年の2人組。今年の夏休み(ヨルム・パンハク)は来年冬の大学修学能力試験(通称:修能スヌン)での勝敗を決める大事な時期だと高校の先生からハッパをかけられていると苦笑。

 聡明な彼女たちは福島処理水反対の野党キャンペーンは政治的プロパガンダだと理解していた。他方でTV・新聞などで毎日福島汚染水に対する反対運動が報じられているので福島汚染水が有害と信じ込んでいた。日本の海産物は絶対に食べたくないし、彼女たちの母親は福島汚染水問題がニュースになってからは魚介類そのものを買わないとのこと。

 益山市近代歴史博物館に見学に来た女子高生グループ4人組は、「海洋放出反対」「福島汚染水は危険」「日本が安上がりの海洋放出を強行するのは許せない」と口を揃えた。他方で中国・韓国原発からの海洋放出は知らないと。

 筆者がIAEA報告書の説明をしていたら、博物館の解説員の元高校教師の女性が割って入って険しい表情で否定、「IAEAは日本政府からの賄賂と政治的圧力で日本に有利な報告書を捏造したのよ。本当に安全なら福島汚染水を日本の湖に貯めるはずです。それをしないのは有害だからです」と声高に主張。高校生たちも頷いていた。

 IAEA報告書は日本の賄賂と不当な圧力で捏造されたという妄言・デマはかなり広範に韓国社会に伝播されているようで韓国滞在中に再三聞かされた。8月10日に木浦で出会った政府の対外宣伝を制作している映像作家氏は「韓国人は反日運動の材料になるような情報はデマでも陰謀論でも信じる。反日が正しいという共通認識があるから韓国社会では反日運動に都合のよいデマや陰謀論が拡散され浸透し易い」と分析していた。


新着記事

»もっと見る