2024年4月20日(土)

世界潮流を読む 岡崎研究所論評集

2024年3月15日

 ケイトー研究所上級フェローのムスタファ・アクヨルは、Foreign Policy誌(電子版)に2月20日付で掲載された論説‘The West Is Losing Muslim Liberals’で、バイデン政権と西側諸国がガザで虐殺を行っているイスラエルを支持し続けることは、人権の尊重等の西側のイデオロギーを信じていた穏健なイスラム教徒を驚愕させており、ロシアや中国、イランという反自由主義勢力を勢いづけ、世界をも危険な淵に追いやる、と論じている。要旨は次の通り。

(seungyeon kim/ArLawKa AungTun/gettyimages)

 戦闘はレバノン、シリア、イラク、さらにヨルダン、イエメンに拡大している。十分に認識されていないが、中東のみならずイスラム世界で米国と西側同盟国に対する前例の無い程の怒りが生じている。連日、何百万人もの人々がガザで起きている恐るべき光景をテレビの生放送で見ているからだ。

 もちろんイスラエルには自衛権がある。しかし、何十倍もの市民を殺害しているイスラエルの行動が、(ハマスの)テロ以上に正当化されるのであろうか。多くの人々、特にイスラム世界でイスラエル人の命はパレスチナ人の命よりも重いと感じている。

 これは、第2次世界大戦以来、西側諸国の政府が指導して来た普遍的な人権と人間の尊厳という自由主義の価値観の明確な否定だ。西側の規範に対する信頼が失われたことは、反米主義者や西側が主導する秩序に批判的な人々のみならず、リベラルなイスラム教徒にも影響し、彼らは裏切られたと感じている。

 もし、人権が全ての人々に適用されず、言論の自由が全ての言論に適用されないのならば、これらの原則はとるに足らないものということになる。このような「ポスト自由主義」の世界は、われわれ全てにとり恐ろしいものとなろう。西側の民主主義がこれらの原則を捨てるならば、ロシア、中国、そしてイランの様な反自由主義勢力がより力を得るであろうし、イスラム世界でより残忍なイスラム過激主義グループが台頭するだろう。


新着記事

»もっと見る