定年バックパッカー海外放浪記

2015年9月19日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年、横浜生まれ。神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

ATMにご用心『200ユーロを取り返せ』

 5月2日午前8時 ユースホステルのテラスで朝食を終えるといざ出陣と気持ちが引き締まった。

イオ村のランドマークの風車。この方向に太陽が沈む。

 サントリーニ島に渡る前にクレタ島でATMを利用してクレジットカードを使い100ユーロを引き出したが、ATMの誤作動により最初の二回は現金が出て来ないにも関わらず取引完了のサインが出たのである。後日クレジットカードの使用明細をネットでチェックしたら合計300ユーロ引き出したと記録。すなわち200ユーロをATMに詐取されたのだ。

 当該ATMはユーロバンクが設置したものであったがクレタ島ではユーロバンクの支店に行く時間がなく、サントリーニ島の同行のフィラ支店で談判しようと計画していたのである。

 ホステルのあるイオ村からサントリーニ島の中心地フィラまでバスで40分。銀行関係の国際取引におけるトラブルは商社勤務時代に何度か経験しており些か得意分野である。どのようにユーロバンクと交渉するかバスに揺られながら頭の中でシャドーボクシング。

 9時半に支店に到着。受付で用件を伝えると、30過ぎくらいのスーツを粋に着こなした外見はそれなりに美形の女性マネージャーが登場。小生が経緯を説明しようと話し始めると「それは日本の銀行の問題ですので日本の銀行と話すべきですわ。どうぞお引取りください」と全く意味不明の対応。その後の双方の応酬は以下のとおり:

 「これはクレジットカードを通じた取引であり日本の銀行は無関係である。クレジットカード会社の記録では100ユーロを三回引き出したことになっている。しかし私は100ユーロしか受け取っていない」

 「それなら問題はクレジットカード会社にあり、彼らの記録が間違っているのだから当行は無関係である」

関連記事

新着記事

»もっと見る