定年バックパッカー海外放浪記

2015年9月19日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年、横浜生まれ。神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

 「クレジット会社に請求したのはユーロバンクである。クレタ島のATMの当日の取引記録は当然のことながらユーロバンクのシステムで管理されている。この支店のパソコンで当該取引記録をチェックしてほしい」

 「そのような総合管理システムは日本の銀行の方式であり、ギリシアでは総合管理システムは存在しない。クレタ島のATMの取引記録はクレタ島でしか分からない」

 「そんなことはあり得ない。すべてのATMの取引が一元管理されているのは当然のこと。アテネの住民がサントリーニに旅行したときにATMからお金を引き出したらアテネの銀行口座から同額が引き落とされる。手元にあるパソコンで私の取引記録を検索してほしい」

 「この支店のパソコンは外部にはつながっていない。当支店に無関係の取引であるので速やかに支店から出て行ってほしい」

 「どうも銀行取引システムの基本的仕組みをご理解されておられないようだ。ここの支店長と話をしたいが取り次いでほしい」

 「これ以上仕事の妨害をするなら警察を呼びますよ」

 「警察が来れば彼らに銀行取引について説明するので是非呼んでほしい」

 美形マネージャーとの会話は電話や他の顧客の割込みにより何度も中断。交渉開始から既に一時間半経過。ここまで不勉強で不真面目な銀行員が存在することがギリシア経済危機の遠因ではないかと内心呆れたが、ここで引き下がっては海外業務35年の経歴が泣く。交渉の基本原則は余裕のある当事者が優位に立つということである。

関連記事

新着記事

»もっと見る