定年バックパッカー海外放浪記

2015年9月20日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年、横浜生まれ。神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

 チャペルの丘から小一時間かけて島の反対側、すなわち北側にでる。この道はゆったりとした下り坂であり、中間地点では島の南側と北側の両方の海を見渡せる。このあたりから早朝フィラの町を出発してイオ村を目指して反対方向から歩いてくるトレッカーと頻繁に出会うようになる。欧米の老若男女が思い思いに歩いてくる。米国の家族は子供二人をロバに乗せて登ってきた。誰もがこの美しいトレッキングに感激して喜びに溢れている。我々一行も出会う人ごとに明るく挨拶をかわす。

サントリーニ島の南側の絶壁からフィラの街並みを望見

 道は太古の昔に噴火したときの小石や砂で覆われており、歩くとサクサク音がして幸せがジンジンこみあげてくる。一歩一歩味わうように踏みしめてゆく。小石は黒、赤、白の三種があり、とても綺麗なので皆で拾って各自の記念品にした。

 島の南側に出ると休憩所があり二度目の小休止。コーラで乾杯。冷えたコーラの滋味が五臓六腑に染みわたる。そこからはややきつい登り坂となり峠越え。40分くらいかけて峠を越えると再度南側の海に面した断崖に到達。ここに小さな教会があり三度目の小休止。全員で記念撮影。

 断崖絶壁の上をさらに30分ほど歩くとフィラの町が見えてくる。この行程は太陽の位置の関係で蒼い空、紺碧の海、純白の街並みのコントラストがあまりにも鮮やかで目眩がしそうだ。パトリックは無言で撮影に没頭。マルコの鼻唄もノリノリ。

 フィラの町でビール、ワインを飲みながら賑やかにランチ。帰路のバスでは全員うつらうつらと夢の世界に。

男女6人の記念写真

⇒第6回に続く

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る