AIはシンギュラリティの夢を見るか?

2017年1月20日

»著者プロフィール
以下は、2016年12月20日にアメリカ合衆国大統領行政府(Executive Office of the President)が公開した『Artificial Intelligence, Automation, and the Economy』の要約(Executive Summary)部分の抄訳です。これは米国政府の著作物でパブリックドメインとなっています。翻訳の正確性の責任は、筆者(川手恭輔)が負うものです。

人工知能、自動化、そして経済(要約部分)

人工知能(AI)の能力の進化を加速させることによって、これまで長い間、人による労働を必要としてきた作業を自動化することが可能になります。これらの変化は個人、経済、社会に新しい機会を提供するでしょう。しかし同時に、数百万人のアメリカ人の現在の生活を混乱させる可能性もあります。長期的には、AIが失業を引き起こして経済的不平等を拡大させるか否かは、その技術自体だけでなく、関連する制度や政策にもかかっています。このレポートはAIによる自動化が経済に与える影響を検証し、AIがもたらす恩恵を高めてコストを低減するための幅広い戦略について説明します。

AIによる自動化の経済

技術の進歩は国民1人当たりのGDP成長の重要な要因であり、労働や資本よりも速く生産を増加させます。技術によって生産性を向上させる方法の1つは、単位製品あたりの生産に必要な労働時間を減らすことです。一般に労働生産性の上昇は平均賃金の上昇につながり、労働者は勤務時間を短縮し、より多くの商品やサービスを購入することができるようになります。生活水準と余暇時間はどちらも増加しますが、ここ数十年がそうであったように、その利点の一部を打ち消すほどの経済的不平等を生む可能性もあります。

AIは潜在的な経済的利益のために歓迎すべきものですが、その利益は必ずしも社会全体に均等に分配されるとは限りません。例えば19世紀には技術革新が、高技能労働者の生産性に対する低技能労働者の生産性を高めたと言われています。すべての生産プロセスを管理し実行していた熟練した職人は、大量生産技術の台頭によって暮らしが脅かされていました。最終的に、高い技能を必要とする多くの仕事が、低技能労働者と機械との組み合わせに置き換えられてしまいました。高技能労働者と低技能労働者間の経済的不平等が減って生産性が向上し、平均的な生活水準が高まりましたが、一部の高技能労働者の労働はもはや市場では価値がなくなっていまいました。

対照的に、技術革新は20世紀後半を通して、19世紀とは異なった方向に作用する傾向にありました。コンピュータとインターネットの出現は、高技能労働者の相対的な生産性を高めました。電話交換手、文書整理係、旅行代理業、組立ラインの労働者など、予測可能でプログラムが容易な作業が中心の定型的な業務は、新たな技術による置き換えが容易でした。一部の職業は実質的に排除され、他の一部の職業に対する需要は減少しました。研究は、この期間の技術革新が、抽象的思考や創造的な作業および問題解決に携わる高技能労働者の生産性を高め、それによって、そのような特質を必要とする仕事の実質的な成長に少なくとも部分的に貢献したと報告していています。需要がより高技能労働者へシフトしたことが、このグループの相対的な賃金を上昇させ、経済的不平等を拡大させた一因になりました。同時に、教育改善の減速や、労働組合の減少や最低賃金の下落などの企業の制度変化も経済的不平等を拡大しました。すなわち、経済的不平等の拡大は技術革新だけで起こるのではないということです。

現在、どの仕事が最も早くAIによる自動化の影響を受けるかを正確に予測することは難しいかもしれません。AIは単一の技術ではなく、特定の作業に適用される技術の集合であるため、AIが及ぼす影響は経済全体で均等でないように感じるでしょう。一部の作業は他の作業よりも容易に自動化され、一部の仕事は他の作業よりも悪い影響を受けます。一部の仕事は自動化されてしまうかもしれません。その一方で他の仕事については、AIによる自動化によって多くの労働者の生産が向上し、特定の作業に熟練した労働者の需要が増すでしょう。最終的に、AIの開発や管理といった分野で新たな雇用が直接的に創出され、経済全体の領域では、所得の向上が需要の拡大につながるため、間接的に雇用が創出されると考えられます。

コンピュータ化と通信の革新が労働市場を左右してきたここ数十年の傾向が、AIが及ぼす影響によって、さらに継続するだろうという最近の研究があります。研究者は、これから10〜20年の間に脅かされる雇用の規模を9〜47%と推定しています。3カ月ごとに米国経済の雇用の約6%が事業の縮小または閉鎖によって壊滅する一方で、雇用率は若干増加して、結果的に失業率に大きな変動はないとしています。経済がこのような規模の変化を克服することは可能だということは繰り返し実証されてはいますが、それはその変化の速さや、再就職が難しい職業に失業者がどれほど集中しているかに依存します。

研究によって、自動化によって脅かされている仕事は、低賃金、低熟練、低教育の労働者に集中していることが明らかになりました。これは、自動化が賃金への下向きの圧力と、経済的不平等に対する上向きの圧力をかけながら、このグループの労働力の需要には下向きの圧力をかけ続けることを意味しています。長期的には異なった影響や、より大きな影響があるかもしれません。技術の恩恵が、単に熟練した労働者にではなく社会のほんの一部だけにもたらされるという、スーパースターに偏った技術革新が考えられます。勝者がほとんどすべての果実をとっていく傾向の強い情報技術市場では、ほんのわずかな者が市場を支配します。労働生産性の上昇が労働者の賃金上昇につながらなければ、AIによってもたらされる大きな経済的利益は、ごく一部の人のものになってしまう可能性があります。AIは労働者と消費者に広範に共有される繁栄ではなく、競争の減退と富の不平等の拡大という結果をもたらすかもしれません。

しかしながら歴史的にも世界的にも、生産性と賃金の間には強い関係があります。AIの活用が拡大することによって、幅広い労働者の賃金と余暇時間が増加すると考えることが最も合理的でしょう。それがどれほど実現するかは、技術革新だけに依存するのではありません。AIに対応できる労働者をどのようにして育成するのか、そしてAIが労働市場へ与える影響をどう処理するのか、そのために選択する政策や制度が重要になります。

政策対応

技術は避けがたい運命ではありません。経済的刺激と公共政策は、技術革新の方向性と影響を決定する上で重要な役割を果たします。適切な注意、正しい政策、そして組織的な対応によって、高度な自動化は生産性の向上や高い雇用レベル、より広範な繁栄の共有と両立することができます。 これまで米国経済は生産の新しいパターンに適応し、高い生産性を維持してきました。それは、より生産性の高い労働者がより高い労働意欲を持ち、より高い賃金の労働者がより多くを消費することによって支えられてきました。しかし、いくつかのショックによって、労働力に結びつかない労働者の割合が増加しました。このレポートは新しい労働者に教育と訓練を行って仕事に就かせ、職を失った労働者を保護し、彼らと労働力との結びつきを維持し、経済的不平等と戦うための戦略を提案しています。これらの戦略のほとんどはAIによる自動化に関係なく重要なことですが、AIが経済にもたらす変化の大きさを考えれば、さらに重要なものとなります。

戦略1:多くの利益のためにAIに投資し開発する

責任を持って開発を最大限に生かすよう注意が払われれば、AIは生産性の成長に重要かつ好ましい貢献をし、その技術の進歩は合衆国が革新の最先端にとどまるための途方もない可能性を持っています。政府は研究開発に投資してAIの分野を発展させる上で重要な役割を担っています。AIにおける進歩の領域には、サイバーディフェンスと、不正な取引やメッセージの検出があります。さらにAIの急速な成長は、その領域をサポートし進歩させることに関連する技術を持つ、あらゆる経歴の人材の需要を劇的に増加させました。特に自然科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、数学(Mathematics)を一括して扱うSTEM分野とAIコミュニティーにおける、ダイバーシティー(多様性)とインクルージョン(一体性)の優先順位づけは、アルゴリズムのバイアスに起因する潜在的な障壁に対処するために重要な部分です。新規および既存の企業との競争、そして健全な競争重視の政策の策定は、AIに関連する新しい技術と革新の創出と採択においてますます重要な役割を果たします。

戦略2:将来の仕事のためにアメリカ人を教育し訓練する

AIは仕事の本質や労働市場が要求する技能を変えるので、アメリカ人労働者は出世し続けるために教育や訓練を受けて、その変化に備えなければなりません。その教育と訓練を実施するには大きな投資が必要です。すべての家族が子供に継続的な教育を受けさせることができるように、すべての子供のために質の高い早期教育を提供するとともに、すべての学生が高等学校を卒業して進学や就職ができるように投資を行って、すべてのアメリカ人が手頃な価格の高等教育機関へ進むことを確実にする必要があります。失業・求職をうまく乗り越えられるように、米国の労働者を支援することもますます重要になります。その援助には、職業訓練をより利用しやすくする、生涯学習の機会を拡大する、そして再就職のための指導をすることが含まれます。

戦略3:労働者の転職を支援し労働者が経済成長を幅広く共有できるようにする

政策立案者は、労働者と求職者の両方が、賃金上昇の形で適切な報酬を受け取ることができる最適な雇用機会を得られることを確実にしなければなりません。それには、失業保険、メディケイド(米国の公的医療保険制度)、補助的栄養支援プログラム(SNAP)、貧困家庭一時扶助(TANF)などの重要な支援をさらに強化し、賃金保険や危機に瀕している家庭のための緊急援助などの新しいプログラムを導入するなど、社会的セーフティネットを近代化するためのステップが含まれます。さらに保護を必要とする労働者や家族のための重要な措置の強化、21世紀の退職制度の構築、医療をより利用しやすくするなどの施策が必要です。賃金を引き上げて競争を増やし労働者の交渉力を向上させ、さらに税制を近代化し、地域格差を解消するための戦略を追求することは、労働者を支援し、労働市場の変化に伴う失業・求職についての懸念に取り組む重要な側面になります。

最後に、AIによる自動化が引き起こす失業によって、中長期的にかなりの割合のアメリカ人が影響を受けるのであれば、彼らがスムースに再就職できるように、政策立案者は失業保険制度の更なる強化や新たな雇用創出の戦略などの、さらに強力な政策の実施を検討しなければなりません。

結論

AIによる自動化が経済に与える影響にどのように対応するかは、次の政権とその後継者にとって政策上の重要な課題になるでしょう。AIはすでにアメリカの職場、仕事の種類、労働者が成功するために必要な技能を変え始めています。すべてのアメリカ人は、学生、労働者、管理職、技術指導者、あるいは単に政策討論に参加する市民のすべてが、これらの課題に取り組む機会を得るべきです。

AIは多くの新しい政策課題を提起します。それは今後の政権、議会、民間セクター、学界、公衆によって議論と検討を継続すべき課題です。政府、産業界、技術者、政策専門家、そして一般市民が、その課題に継続的に関与することによって、広く共有される繁栄を生み出し、アメリカの企業や労働者の創造力を発揮させ、AIの活用と創造におけるアメリカのリーダーシップを維持し続けることを確実なものにする政策に向けて国家を動かす重要な役割を果たすのです。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る