前向きに読み解く経済の裏側

2020年3月2日

»著者プロフィール
閉じる

塚崎公義 (つかさき きみよし)

経済評論家

1981年 東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の業務に従事。2005年 銀行を退職して久留米大学へ。現職は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は一個人として行うものであるため、肩書きは「経済評論家」とする。

初心者が売ると株価は戻るという皮肉

 初心者が狼狽売りをすると、そこが株価の底値で、そこから株価は急速に戻していく、ということが少なくありません。

 それは、売りたい人が残っていないからです。初心者が狼狽売りをする頃には、売るべきプロは売り終わってますから。したがって、素人が狼狽売りを終えると投機家たちが買い戻しを始めるわけです。投機家たちが買い戻しを初めても、売る人はあまり残っていないので、株価は比較的短時間で元に戻る場合も少なくありません。

狼狽売りは厳禁だが、今回は売るなとは言えず

 読者が初心者である場合、株価の暴落を見て狼狽売りをするのは厳禁ですが、そうは言っても「売るな」というのも危険過ぎます。それは、事態の推移が予想できないからです。

 もしかすると、本格的に新型肺炎が流行し、経済に甚大な打撃を加える可能性があるからです。

 要するに、「現在の株価が暴落で下がり過ぎて適正株価より下にある」のか「今までが高過ぎたので、現在の株価でも割安とは言えない」のかという判断と、新型肺炎が今後どの程度流行するか、という判断が両方必要だ、というわけですね。

 売るのも売らないのも買うのも賭けですね。まあ、株の短期投資は賭けですから。

 最後に繰り返しますが、積立投資は賭けではないので、止めたり解約したりしないようにしましょう。初心者が自分で判断しないのが積立投資の意義ですから。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る