田部康喜のTV読本

2021年9月17日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

コラムニスト

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

 「古見さんは、コミュ症です。」(NHK・「よるドラ」)は、コミュニケーションを苦手とする、主人公の高校新入生・古見硝子(こみ・しょうこ、池田エライザ)と最初の友人になった、只野仁人(増田貴久)、彼と友人になりたい、片居誠(溝端淳平)らが登場するラブ・コメディーである。

(metamorworks/gettyimages)

 池田エライザは、「The Covers」(BSプレミアム)のパイロット版を除けば、リリー・フランキーの2代目のアシスタントとして、軽妙な受け答えと、ときに自らカバー曲を歌った、魅力的な女優であり、歌手である。

 コミュニケーションが苦手な「コミュ症」の硝子役は、第2回に至っても、同級生に話しかけることができないままに「無言」の演技を続けている。教室の黒板を使って、仁人(増田)に「コミュ症」であることを打ち明けて、ふたりは友人になる。硝子(エライザ)は、小さめのスケッチブックに文字を書いて「会話」する。

 学校内では、美少女の硝子(エライザ)がいっさい話さないので、かえって不思議な魅力を醸(かも)し出して、「マドンナ」と呼ばれるようになる。さらには「古見さま」とも。

 硝子(エライザ)は、誤解する。仁人(増田)に、スケッチブックでうったえる。「わたしはみんなから、よく見られます」「後ろ指をさされているのでしょうか」と。

〝熟練〟俳優が高校生を熱演

 「よるドラ」シリーズは、数々のスマッシュ・ヒットを飛ばしている、隠れた「帯」である。「古見さんは、」の前は、「いいね!光源氏くん しーずん2」。光源氏が現代にタイムスリップしてきた、ラブ・コメディーだった。光源氏役の千葉雄大の演技の幅を広げた。今回の作品も俳優たちが魅せる。

 エライザ(25歳)、増田貴久(35歳)、溝端淳平(32歳)――高校生役を年齢が上の世代が演じるのも魅力的である。映画や舞台で活躍している、俳優は楽しんで演技をしているようにみえる。かつて、映画「青い山脈」の主人公を演じた、池部良は、太平洋戦争中に南方に派遣されて、帰還。旧制高校生役を演じたのは、30歳代だった。

 金髪に染め上げて、高校デビューを図ろうとしている、片居誠(溝端)は、相手に面と向かうといいたい言葉を忘れてしまって、奇妙な声を上げる。仁人が、登校途中で高齢者を助け、道端のタンポポの花をしゃがんで、なでているのを見て、友人になろうと決心したのだった。

関連記事

新着記事

»もっと見る