2023年1月30日(月)

2024年米大統領選挙への道

2023年1月10日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

 今回のテーマは「分裂する共和党――MAGA対MAGA」である。米下院では15回目の投票で、共和党トップのケビン・マッカーシー院内総務が、やっと下院議長に選出された。下院議長選出でこれほど混乱し、対立したのは、1859年以来だと言われるほど異常事態であった。

 しかし、異常事態として注目すべき点は、ドナルド・トランプ前大統領を支持するMAGA(マガ Make America Great Again:米国を再び偉大に)系議員同士の対立が鮮明になったことではないだろうか。

 そもそも、なぜトランプ前大統領の応援団であるMAGA系議員同士が戦うのか。「MAGA対MAGA」から何を読み取ることができるのか。そして、ジョー・バイデン大統領は共和党内の対立をどう利用しようと考えているのか――。

(NikHeap/gettyimages)

MAGA系同士の対立

 米紙ワシントン・ポスト(電子版)によれば、トランプ前大統領から支持を得たMAGA系のマッカーシー氏の下院議長選出阻止を試みた20人の造反議員の内、18人が20年米大統領選挙の結果を否定するMAGA系議員であった。彼らは「選挙が盗まれた」「不正があった」と訴えて、「バイデン(大統領)は合法的な大統領ではない」と主張する。

 20人の中でトランプ前大統領に非常に近く、「同盟関係」にあると言われている造反議員は、スコット・ペリー議員(東部ペンシルべニア州)、ローレン・ボーバート議員(西部コロラド州)およびマット・ゲーツ議員(南部フロリダ州)である。

 ペリー議員は、自由議員連盟(フリーダム・コーカス)の会長を務めており、造反組の大半が同連盟に属している。自由議員連盟は、2015年に結成された超保守強硬派の議員連盟であり、「個人の自由」「財政規律」と「米国憲法尊重」を掲げた市民運動「ティー・パーティー」の流れを組む。

 自由議員連盟は過去に、ジョン・ベイナー元下院議長とポール・ライアン元下院議長(共に共和党)を、辞任と引退に追い込んでいる。米紙ワシントン・ポストは、造反議員がマッカーシー氏に、現職下院議長の解任手続きを容易にするように要求したと報じた。BBCニュースによれば、わずか1人でも下院議員が議長解任案を提出すれば、本会議で採決にかけられる。

 一体、造反組が求めた下院議長解任手続きの簡素化の意図は、どこにあるのか。

 ルール変更を行い、マッカーシー下院議長に圧力をかけ、議会運営の主導権を握るという造反組の思惑があるとみてよい。造反議員は、マッカーシー議長が彼らの「操り人形」にならなければ、解任案を提出するという明確なメッセージを送った。

 さらに、造反組は下院規制委員会の要職を要求したと言われている。同委員会は議院規則と議事日程等を決める主要な委員会の1つである。造反組には、下院をコントロールしたい意図があるのは明らかだ。

 造反組の1人であるボーバート議員は、「マッカーシー退場」と「新たな下院議長候補」をトランプ前大統領に求めた。ゲーツ議員は7回目の投票で、マッカーシー氏ではなく、トランプ前大統領に投票した。その後も、マッカーシー氏不支持の態度を変えず、議場で「マッカーシーは今日も、明日も、来週も、来月も、来年も過半数をとれない」と演説を行った。


新着記事

»もっと見る