2024年4月15日(月)

世界潮流を読む 岡崎研究所論評集

2024年3月26日

 ウォールストリート・ジャーナル紙の3月1日付け社説‘Russia’s Next European Target: Moldova’が、ウクライナがロシアに屈した場合、同国とルーマニアの間に位置するモルドバがロシアの次の標的になる可能性がある、と指摘している。概要は次の通り。

(Tetiana Lazunova/gettyimages)

 ウクライナの兵士たちは、ロシアの攻勢を食い止めることで欧州の残りの国々を守っている。

 モルドバはウクライナとルーマニアの間に位置する小さな国であるが、トランスニストリア(「沿ドニエストル」とも)は、プーチンがモルドバ全土に政治的混乱を引き起こすために使っている親ロシアの係争地域である。2月28日、トランスニストリアの分離主義者は、モルドバが「われわれの人民に経済戦争を仕掛けてきた」ため、「社会的・経済的に絞め殺されようとしている」と述べた。これらの分離主義者たちは、ロシアに対してトランスニストリアを保護し、防衛するために外交的な手段を用いるように求めた。

 プーチンがウクライナに対する全面侵略を開始した2022年以降、トランスニストリアを通じる貿易はすべてモルドバの首都キシナウの権威に下に置かれた税関と国境の通過所を通じることとされた。今年になって、この係争地域の企業にモルドバの国家予算に入る輸入関税と輸出税を支払うように規則が定められた。

 01年から今年までは、これらの輸入関税と輸出税は、分離主義者の収入源であった。親露勢力は、モルドバのこの政策変更を前記のようなロシアへの救援要請の理由として挙げている。一方、真の問題は、モルドバが西側諸国に接近してきており、マリア・サンドゥ大統領の下、EU加盟の候補国となっていることである。

 トランスニストリアの関係者は「立場の相違を解決するために、平和的な政治的・外交的手段を取ることにコミットしている」と主張しているが、同時に「トランスニストリアの人々の独自のアイデンティティと、権利と利益を守るために練り強く戦っていく考えであり、それらを保護し、防衛するためであれば遠慮する考えはない」とも述べている。

 分離主義者に差別されている旨の苦情を述べさせ、ロシアの支援を求めるというのは、近隣国への介入を正当化するロシアのいつもの手口である。


新着記事

»もっと見る