2024年7月18日(木)

世界潮流を読む 岡崎研究所論評集

2024年6月25日

 スラボミール・シェラコウスキー(ポーランドの評論家)が、ポーランドとバルト諸国がロシアのウクライナ侵略の衝撃によってロシアの脅威に覚醒し、東部国境の要塞化を進めている様子を描写する論説を2024年6月4日付のProject Syndicateに書いている。

2019年ポーランド兵(CatEyePerspective/gettyimages)

 如何なる安全の保証を西側諸国から得ようとも、ほとんどのポーランド人は自ら自国を守る必要があると信じている。北大西洋条約機構(NATO)条約5条によれば、NATOの一国に対する攻撃はすべての加盟国に対する攻撃とされ、この相互防衛に対する信頼はポーランドではなお強い。

 ウクライナ戦争のエスカレーションが最大の恐怖の一つだという米国とドイツの指導者が一貫して発するシグナルは、NATOによる安全の保証に対する確信を強めることにはなっていない。例えば、ロシアがエストニアに侵攻した場合に、米国やドイツがどのように対応するのか明確でない。

 ポーランドとバルト諸国は武装するだけでなく、ロシア、ベラルーシおよび一部ウクライナとの国境沿いを要塞化することに資源を投入することを決定した。ポーランドでは、この計画を首相の名前をかりて「Tusk Line」として28年までに完成させる予定である。

 重要なことは、ポーランド国民に国の防衛のために大きな財政的犠牲を払う用意があることである。さらには、ポーランドは欧州連合(EU)の支援を当てにしている。

 EUではロシアの脅威についての認識が高まっている。ポーランドのロシアおよびベラルーシとの国境はEUの東部国境でもあるので、EUの共同の努力によって守ることは理にかなっている。


新着記事

»もっと見る