2024年5月21日(火)

田部康喜のTV読本

2014年7月16日

 「これは無理心中なんかじゃあない。誰かが家族を狩っているんだ。家族狩りだよ」

 警視庁捜査一課の馬見原光毅(まみはら・こうき、遠藤憲一)は、世田谷の民家で、祖父と父母そして息子が死んでいる現場に踏み込んで、部下の椎村栄作(平岡祐太)に向かってつぶやく。

 TBS金曜ドラマ「家族狩り」である。天童荒太の長編の原作は1995年の初作を、作者が2004年に大幅に加筆した。新潮文庫5巻にわたる長編である。

 原作には、フィクションでありながら、ノンフィクションを読むような現実感がある。サスペンスからコメディまで幅広い作品をてがけてきた、脚本家の大石静と泉澤陽子が映像化に挑む。

冒頭から高まるサスペンスの緊張

 第1話(7月4日)と第2話(7月11日)を観た。原作は緻密な文体と登場人物の心理描写によって、読者を飽かせることなく結末まで読ませる。「家族狩り」の事実とその犯人に行き着くのは終盤である。

 ドラマは冒頭から、一気に「家族狩り」の可能性とサスペンスの緊張感を高める。

 刑事役・馬見原役の遠藤の感情を殺した表情と、短いセリフがいい。映画やテレビドラマのヤクザや刑事役、時代劇まで幅広い活躍をしている遅咲きの俳優である。

 民家の鍵がかかった密室で、連続して家族の死体がみつかる。ドラマは赤羽の事件で始まる。この前に大森で同様の事件が起きている。そして、冒頭の世田谷である。

 現場の所轄の警察署は子どもによる一家の無理心中だと結論づけようとする。馬見原は殺人事件の可能性を追求する。

 現場に漂っていた甘い香りと化学物質のような匂いが、引っかかるのである。そして、世田谷の事件で2階の自室でベッドに突っ伏して、のど元にカッターナイフを刺して息絶えている長男の姿である。

 馬見原はつぶやく。

 「この違和感はなんなのだろう。ひどい光景だというのに。美しい……そんなバカな」


新着記事

»もっと見る