VALUE MAKER

2020年1月4日

»著者プロフィール
閉じる

磯山友幸 (いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

1962年東京生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年3月末で退社、独立。現在、経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍している。オフィシャルHP(http://isoyamatomoyuki.com/)

著書に『2022年、「働き方」はこうなる』(PHPビジネス新書)、『理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP)、『国際会計基準戦争 完結編』(日系BP)、『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP)など。共著に『オリンパス症候群 自壊する「日本型」株式会社』(平凡社)、『株主の反乱』(日本経済新聞社)などがある。

早稲田大学政治経済学術院(大学院)非常勤講師、上智大学非常勤講師。ボーイスカウト日本連盟理事。静岡県ふじのくにづくりリーディングアドバイザーも務める。

日経ビジネスオンライン(日経BP)、現代ビジネス(講談社)、フォーサイト(新潮社)、月刊 WEDGE(ウェッジ)、月刊 エルネオス(エルネオス出版)、フジサンケイビジネスアイ(産経新聞社)などに連載コラムなどを持ち、定期執筆している。

 実は、現在改装中の農家の建物を使って、もうひとつ実現させたいことがある。アグリツーリズモを始める計画なのだ。農業と観光を合わせたアグリツーリズモは、欧州で人気の旅行スタイルで、農家で1週間から2週間の長期滞在をする体験型のバカンス。農家での収穫体験や加工品の製造、近隣のサイクリングやハイキングなどを楽しむ。プールが備えられているところもあり、のんびり日光浴や読書をする。

アグリツーリズモのために現在改装中の農家の建物

 ピエモンテでもアグリツーリズモは盛んだ。グルメの佐々木さんが食事に通う農家のレストランは、どこも絶品ぞろいだ。自分の畑で収穫した野菜をふんだんに使い、地域の豚肉や加工品を使った料理を出す。もちろん、ワインはピエモンテ産だ。

昨年秋からスタートさせたワイン造り

 佐々木さんのアグリツーリズモでも、自然な自家製ワインに加えて、地域の食材を使ったピエモンテ料理を出すほか、日本食もウリにしたいという。「日本からの長期滞在客や、イタリアの旅行者が集まる文化交流拠点にしたい」というのが佐々木さんの夢だ。

 改築中の建物は今年1月に作業が始まったが、「イタリアでは2年かかるか3年かかるか分からないと言われる」と佐々木さんは笑う。オープン時期を決めて焦ることはしない。もっとも、予想以上のペースで工事が進んでおり、20年の夏にはアグリツーリズモが開業できるかもしれないという。

 「アグリツーリズモまで実現できそうなのは、妻に背中を押されたおかげです」と佐々木さん。宮崎を拠点に地域おこしを手掛ける宮田理恵さんと昨年、再婚。それを機にプロジェクトが一気に進んだ。

 アグリツーリズモや、加工品の製造などいわゆる「六次産業化」を行うための法人「Azienda Agricola Lieto(アズィエンダ・アグリコラ・リエート)」を立ち上げて、ピエモンテ州に税制優遇のある「農業法人」の設立を申請・認可された。法人の代表は妻の理恵さんだ。

 イタリアの逸品という「モノ」を日本に輸出することで両国の架け橋になってきた佐々木さん。今度は体験という「コト」を通じて、人と人を結び付ける。国境を超えた挑戦が新たな価値を生み出すことになりそうだ。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆Wedge2019年8月号より

 

 

 

 

 

 

 
 

関連記事

新着記事

»もっと見る