旬・美・遊

2020年7月21日

»著者プロフィール
  京都の雑貨ブランド「AIUEO」が日本ならではのものづくりに挑戦
  オンラインショップなどで購入可
  公式HP:https://hello-aiueo.com/kyoto_project/

 京都の雑貨ブランド「AIUEO」が、明治24年(1891年)に創業した木版印刷の技術を持つ「竹笹堂(たけざさどう)」とタッグを組み、新たな取り組みをスタート。京都で培われてきた伝統工芸と〝かわいい〟デザインを掛け合わせることで、若い世代や海外に向けて、日本の伝統工芸の魅力を発信する。

京扇子は各5,720円(税込)。素材に白木を用いた骨組みは、あらかじめ香りをつけているため、あおぐとほのかに香る

 1枚の木版和紙から生み出されるアイテムは、京うちわ、京扇子、グリーティングカード、御朱印帖、ポチ袋、ポストカードボックス、名刺サイズのカードボックスと豊富。また、木版和紙も販売しており、贈り物の包装やブックカバーなど、アイデア次第でさまざまな用途に使える。いずれも柄は全8種揃えている。

 木版和紙は、1枚1枚、匠の技で刷られており、それぞれ違った表情が生まれるのも魅力。木版画のデザインをもとにした独特な味わいと、和紙のやさしい風合いを、手にとって楽しみたい。

*情報は2020年6月現在のものです。料金・時間・休館日などの詳細は、お出かけの際、現地にお確かめください

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆「ひととき」2020年8月号より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

関連記事

新着記事

»もっと見る