2022年12月10日(土)

ザ・移動革命

2021年7月30日

»著者プロフィール
著者
閉じる

伊藤慎介 (いとう・しんすけ)

株式会社rimOnO 代表取締役社長

1999年に旧通商産業省(経済産業省)に入省し、自動車、IT、エレクトロニクス、航空機などの分野で複数の国家プロジェクトに携わる。2014年に退官し、同年9月に超小型電気自動車のベンチャー企業、株式会社rimOnO(リモノ)を設立。2016年5月に布製ボディの超小型電気自動車”rimOnO Prototype 01”を発表。現在は、CASEやMaaSなどモビリティ分野のイノベーション活動に従事。KPMGモビリティ研究所アドバイザー、東京電力ホールディングス株式会EV戦略特任顧問などを兼務。

サンフランシスコから日本が学ぶべきこと

 話をサンフランシスコの「Parklet」に戻そう。

 「Parklet」に関する地元テレビ局Kron4の報道は次の住民の声を紹介する形で終わっている。

 「Parklet」の一部に駐車しているクルマを見かけたこともあるので、安全面を気にする声があることは知っている。それでも「Parklet」はサンフランシスコが生み出した最高のものだと思っているので、すごく気に入ってます。

 Kron4の報道姿勢を見て、我々の身の回りで起きていることについて長所と短所の両方を例示し、視聴者が自ら考え悩むような報道がどれだけ重要であるかを思い知らされた。

 新しいチャレンジには長所、短所の両方が必ずある。リスクを伴うこともあるだろう。ところが、メディアの報道姿勢も含めて今の日本ではできる限りリスクや短所がないことを強く求める傾向がある。「Parklet」のような新しいチャレンジに対してネガティブなことが起きた際に、そのことだけを強調すると報道を見た視聴者には「Parklet」は危ないという先入観だけが植え付けられてしまう。そして、そういう意見に傾いた市民に影響され、市当局は「Parklet」を廃止する方向に傾きかねない。

 我々の身の回りには、新型コロナウィルスへの対応、再生可能エネルギー導入、電気自動車シフトなど、判断を悩む案件が次々と出現している。ことさらゼロリスクを求めるのではなく、それぞれの人が熟慮の上で難しい決断を支持していくことこそが今の日本に求められているのではないだろうか。最後にそのことを申し上げてこのシリーズを締めくくることとしたい。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

新着記事

»もっと見る