2022年9月30日(金)

経済の常識 VS 政策の非常識

2022年6月19日

»著者プロフィール
閉じる

原田 泰 (はらだ・ゆたか)

名古屋商科大学ビジネススクール教授

1974年東京大学農学部卒業、博士(経済学)。経済企画庁、大和総研チーフエコノミスト、早稲田大学特任教授などを経て、2015年から日本銀行政策委員会審議委員を5年間務めた。20年4月より現職。『なぜ日本経済はうまくいかないのか』(新潮選書)など著書多数。
 

 21世紀はインドの時代だと言われれているが、その経済成果を中国と比べると見劣りがする。

(Nuthawut Somsuk/gettyimages)

 図1は1人当たり購買力平価国内総生産(GDP)(2017年ドル価格)でインドと周辺国、インドネシア、中国と比べたものである。国際通貨基金(IMF)でデータがあるのは、1980年からだが、改革開放路線を鄧小平が採用したのが78年のことである。

筆者撮影 写真を拡大

 80年には中国はこれらの国の中で一番貧しかったが、あっという間に発展した。80年、中国はインドより、アジア最貧国と言われたバングラデシュより貧しかった。80年代初期まで、中国もインドもどちらも社会主義国で、計画経済で、貿易が自由化されておらず、海外投資も流入せず、インフラ投資は遅れていた。

 ところが80年代に中国は一挙に進んだのに対し、インドは90年代になっても遅れ気味だった。中国は、パキスタンもインドネシアもスリランカもよりも遥かに進んだ。

中国が見せた驚異的な成長率

 中国の1980年から2022年までの10年ごとの成長率を見ると極めて高い成長を示している。インドも1人当たりで42年間に年平均4.4%で成長したのに、中国は8.1%と驚異的に成長したということである。

 これはインドが劣っていたというよりも、中国が恐るべき成長率を示したということである。スリランカは3.8%、インドネシアは3.5%、バングラデシュは3.3%、パキスタンは2.1%である。注目すべき国を挙げるとすれば、バングラデシュである。成長率が少しずつ高まり、2010~22年は中国に次いで高い成長となっている。

新着記事

»もっと見る