2024年5月23日(木)

「最後の暗黒大陸」物流の〝今〟

2024年3月19日

トレーラー輸送普及に
必要なこと

 筆者は、トレーラー輸送の普及がドライバーを発着の手荷役や手待ちから根本的に解放する最大の要件であると考えている。狭い日本ではトレーラー輸送の実施は不可能であるという意見が現時点では大勢を占めているのは、4フィート(約1.2メートル)の高床式ドックを備えた倉庫〈日本の倉庫や物流センターの多くはプラットフォームを設けていない低床式。高床式は建設や維持のコストがかかるが、荷役効率は高いとされている〉や物流センターを普及させる必要があり、そのためには住宅と工場・倉庫の建設エリアを明確に分けるといった行政側の取り組みも不可欠である。

 こうした日本の環境に対し、コストコのロジスティクスは米国式ロジスティクスを日本の環境に適応させながらベストプラクティスとしてでき得る限り再現したものと言える。ただ、そうは言っても物流関係事業者の方がトレーラー利用等については、日本の企業がすぐに対応することは困難と感じるかもしれない。しかしながら、荷主が事前予約制を導入して約束した時刻や時間帯を確実に守ること、パレットの規格を統一し発着荷主側が積み降ろしの荷役を行うことは十分可能である。それがトラックドライバーの手待ち時間と荷役時間を改善し、日本のトラック運送事業の生産性を向上させ、ひいては「2024年問題」をソフトランディングさせることにつながるであろう。

 詳しくは筆者が執筆したWedge ONLINEの連載「「最後の暗黒大陸」物流の〝今〟」内の記事をご覧頂きたいのだが、「2024年問題」を乗り越えて日本のロジスティクスを世界標準にまで高めるためには、コストコが実施しているような取り組みを官民一体となった中長期的な実現の見通しと、できるところから取り組んでいく姿勢が肝要だろう。

 また、工場や倉庫の立地を決めているのは製造業者や物流事業者であることを考えると、それら民間企業が公助に頼るばかりでなく、工場や倉庫の建て替え等の機会を積極的にとらえて、工場や倉庫の建設が認められている工場専用地域・工業地域・準工業地域の中から、可能な限り住宅との混在の可能性が小さい立地を選択することも一つの解になる。トレーラー輸送を前提としたヤードや建屋のデザインを導入することが極めて重要であろう。そのような動きが点から面へと拡がっていった時、日本の物流は「2024年問題」を乗り越えて、次の時代に入ることができるのではなかろうか。

 『Wedge』2023年5月号で「最後の暗黒大陸・物流 「2024年問題」に光を灯せ」を特集しております。特集に同誌の物流に関する記事を加えた特別版を、電子書籍「Wedge Online Premium」として、アマゾン楽天ブックスhontoなどでご購読いただくことができます。雑誌の試し読みはこちら

   
▲「Wedge ONLINE」の新着記事などをお届けしています。

Wedge 2024年4月号より
小さくても生きられる 社会をつくる
小さくても生きられる 社会をつくる

全都道府県で人口が減少――。昨年7月の総務省による発表に衝撃が走った。特に地方においては、さらなる人口減少・高齢化は避けられない。高度経済成長期から半世紀。人口減少や財政難、激甚化する災害などに直面する令和において、さまざまな分野の「昭和型」システムを維持し続けることはもはや限界である。では、「令和型」にふさわしいあり方とは何か――。そのヒントを探るべく、小誌取材班は岩手、神奈川、岐阜、三重、滋賀、島根、熊本の7県を訪ね、先駆者たちの取り組みを取材し、「小さくても生きられる社会」を実現するにはどのようなことが必要なのかを探った。


新着記事

»もっと見る