ビジネスパーソンのための「無理なく実践!食育講座」

2016年11月7日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐藤達夫 (さとう・たつお)

食生活ジャーナリスト

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。日本ペンクラブ会員、女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、食生活ジャーナリストの会事務局長。主な著書共著書に『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)、『栄養と健康のウソホント』(一般社団法人家の光協会)、『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)、『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)、『野菜の学校』(岩波書店)、『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数。講演活動では、「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

できる限り多種多様な料理を食べるようにしよう

 このコラムの第1回で書いた大原則(=バランスのいい食事というのはできるだけ多種類の食材を食べること)を外食で実現するためには「同じ物を食べない」点に気をつければいい。

 その、もっとも簡単な方法は「いつも同じ店に行くこと」を避ける。いつもの店は居心地がいいだろうし、「近い」「安い」など、つい行ってしまう理由があるのだろう。そこをグッとこらえて「なじみのお店」の数を増やすことによって、マンネリを防ぐ。あなたの健康を心配して気遣ってくれるおかみさんやオヤジさんがいて(お嬢さんやお兄さんならさらにいい)、親身になって栄養バランスを考えてくれるほどの関係ができていれば話は別なのだが、なかなかそうはいかないだろう・・・・。

 次は、同じ店に行っても「同じ料理を注文すること」を避ける。いつもツイツイ頼んでしまう料理には「好き」「美味しい」などの理由があるに違いない。理解はできるが、同じ料理が続くと(それがバランスのとれた料理ではあっても)やはり全体の栄養バランスは偏る。急いでいたり、面倒であったりしても「いつものヤツ」という注文の仕方ではなく、毎回メニュー(お品書き)を見て、できるだけ「前回と違う料理」を注文する。

 上に書いたことと「内容がカブル」かもしれないが、「ジャンルを固定しない」ということも心がけよう。幸い、日本では世界各国の料理が食べられる(日本人好みに変えてはあるが)。和風はもちろん、中国風や韓国風、洋風(フランス風、イタリア風、ドイツ風、ロシア風等々)、エスニック(東南アジア風、インド風に加えて中近東風やアフリカ風もこれに入るだろうか)、中南米風(メキシコやブラジルなど)、特徴が際立ってはいないがイギリス風やアメリカ風やオーストラリア風だってあるだろう。こんなにバラエティに富んでいるのだから、それをいかさない手はない。いろいろなジャンルの料理にチャレンジしよう。

 くどいようだが、今回ここに書いたことを実行したからといって「健康状態が確実によくなる」というエビデンス(科学的証拠)はない。栄養バランスの偏りが多少なりとも防げるだろうから「たぶんいいだろう」と私が考えるだけである。外食の機会がものすごく多いビジネスパーソンは、併せて、下記のような「外食の基本的特徴」を頭に入れておく必要がある。

・多くの外食店の優先順位は、まず「食中毒を出さないこと」であり、「おいしいこと」「安いこと」が続き、最後に「健康にいいこと」が入ってくる。

・外食が続くと必ずといっていいほど野菜の摂取量が不足する。

・値段設定が高い外食店では動物性タンパク質をとりすぎる傾向になり、値段の安い外食店では動物性タンパク質が不足する傾向にある。

・外食店の「栄養的問題点」のトップは食塩の過剰摂取である。

 これらのことを忘れず、お財布と相談しながら外食と上手につきあおう。
 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。   

関連記事

新着記事

»もっと見る