2024年6月14日(金)

特集:瀕死の林業

今まさに、日本の林業は〝瀕死〟の状況にある。一方で、希望もある。現場を歩くと、森林所有者や森林組合、製材加工業者など、〝現場発〟の新たな取り組みを始める頼もしい改革者たちの存在があるからだ。瀕死の林業、再生へ─。その処方箋を示そう。