2022年10月6日(木)

世界の記述

2022年3月20日

»著者プロフィール

 トルコはロシアがウクライナに侵攻したことで微妙な立場に置かれることとなった。両国ともにビジネス上、重要な存在であるからである。

daboost / MarianVejcik / iStock / Getty Images Plus

 トルコは現在、自国製ドローンをウクライナに売却しているが、ガス.食料品購入や防衛調達の面では大きくロシアに依存している。トルコは天然ガスの約33%、小麦の約66%をロシアから輸入している。2021年にトルコを訪れた外国人観光客の国別内訳では、ロシアが1位、ウクライナが3位で、両国合計で全体の3割近くを占めている。

 困難な立場に置かれたトルコのエルドアン大統領は2月24日、国家安全保障会議の招集後、「トルコは領土を守るためのウクライナの闘争を支持する」とツイートし、ロシアの軍事作戦は容認できないとの考えを強調した。しかし、このツイートで「侵攻」という言葉を使用せず、ロシア側への一定の配慮も示した。両国との関係を損なうことなく、何とか危機を乗り切りたいとの思いが窺える。

 そのトルコは、危機時に重要な航路となるボスポラス海峡とダーダネルス海峡を管理する権限を、1936年に締結された「モントルー条約」により与えられており、黒海に接していない国家の軍艦の通行を制限する独占的権利を持っている。しかも、戦時中や侵略の脅威がある場合、全ての外国軍艦の海峡通過を禁止できる立場にもある。

 ただし、同条約は、ロシアを含む黒海沿岸国には例外的な特権も認めている。実際、トルコ外相は2月27日、地元テレビのインタビューで、国際条約に基づいて、ロシア軍の艦艇が黒海と地中海を結ぶトルコの海峡を通過するのを禁止し、黒海入りを制限する可能性を示唆しつつも、例外規定のために全面禁止は困難との認識を示している。

 エルドアン大統領が翌28日になって「モントルー条約」を適用する考えを示唆したのも、ロシアが同条約で認められた例外的特権を持っていることから一方的な圧力はかけられない点を浮き彫りにすることで、ロシア対応が弱腰とのトルコ批判をかわす狙いがあるためとみられている。

Wedge4月号では、以下の​特集「デジタル時代に人を生かす 日本型人事の再構築」を組んでいます。全国の書店や駅売店、アマゾンでお買い求めいただけます。
■デジタル時代に人を生かす 日本型人事の再構築
 Part 1  揺れる日本の雇用環境 人事改革は「人」と組織を生かせるか 編集部
 Part 2  「人」の成長なくして企業の成長なし 人事制度改革の将来像
鶴 光太郎(慶應義塾大学大学院商学研究科 教授)
 Part 3  自ら学び変化する人材を企業人事はどう育てるのか
中原 淳(立教大学経営学部 教授)
 Part 4  過熱するデジタル人材争奪戦 〝即戦力〟発想やめ自社育成を 編集部
Column 1 迫る〝2025年の崖〟 企業は「レガシーシステム」の刷新を
角田 仁(千葉工業大学 教授・デジタル人材育成学会 会長)
 Part 5  技術継承と効率化の鍵握る人間とデジタルの「役割分担」 編集部
Column 2 100分の1ミリで紡ぐ伝統 知られざる貨幣製造の裏側 編集部
 Part 6  「米国流」への誤解を直視し日本企業の強み生かす経営を
冷泉彰彦(作家・ジャーナリスト)
Column 3 全ビジネスパーソン必読!「対話不全」への処方箋
田村次朗(慶應義塾大学法学部 教授、弁護士)
 Part 7  根拠なき日本悲観論 企業に必要な「コンセプト化」の力
岩尾俊兵(慶應義塾大学商学部 准教授

◇◆Wedge Online Premium​(有料) ◆◇

 

  
▲「Wedge ONLINE」の新着記事などをお届けしています。

Wedge 2022年4月号より
日本型人事の再構築
日本型人事の再構築

日本型雇用の終焉─。「終身雇用」や「年功序列」が少子高齢化で揺らぎ、働き方改革やコロナ禍でのテレワーク浸透が雇用環境の変化に拍車をかける。わが国の雇用形態はどこに向かうべきか。答えは「人」を生かす人事制度の先にある。安易に“欧米式”に飛びつくことなく、われわれ自身の手で日本の新たな人材戦略を描こう。

新着記事

»もっと見る