2022年12月9日(金)

日本の漁業 こうすれば復活できる

2022年11月6日

»著者プロフィール
著者
閉じる

片野 歩 (かたの・あゆむ)

水産会社社員

東京生まれ。早稲田大学卒。2015年水産物の持続可能性(サスティナビリティー)を議論する国際会議シーフードサミットで日本人初の最優秀賞を政策提言(Advocacy)部門で受賞。1990年より、最前線で北欧を主体とした水産物の買付業務に携わる。特に世界第2位の輸出国として成長を続けているノルウェーには、20年以上、毎年訪問を続け、日本の水産業との違いを目の当たりにしてきた。著書に『日本の水産資源管理』(慶應義塾大学出版会) 『日本の漁業が崩壊する本当の理由』『魚はどこに消えた?』(ともにウェッジ)、『日本の水産業は復活できる!』(日本経済新聞出版社)、「ノルウェーの水産資源管理改革」(八田達夫・髙田眞著、『日本の農林水産業』<日本経済新聞出版社>所収)。

 11月6日、日本海でズワイガニ漁が解禁となりました。200~500メートルほどの海底に分布していて、越前ガニ、松葉ガニなどとブランド化されていることでも有名です。脱皮を繰り返しながらの成長はゆっくりで、孵化から親ガニになるまで7~8年程度かかると言われています。

ズワイガニのオス(左)メス(右)(筆者提供)

 自然環境によって資源の増減は起こります。しかしながら、日本のズワイガニの資源管理は、ズワイガニを輸入しているロシア、米国、カナダ、ノルウェーなどの国々とは「根本的に」異なります。その結果、日本とその他の国々とでは、資源量が大きく異なることを解説します。どうすればズワイガニを食べ続けることができるのか?

日本だけがやるもったいないメスガニの漁獲

 ズワイガニの価格が上昇しています。下のグラフは東京中央市場における冷凍ズワイガニの価格推移です。キロ当たりの価格が1500円前後だった2000年代に前半に比べ、2021年以降(注:2022年は3月までの価格)は、その3倍のキロ4500円前後で推移しています。今後、世界の需要増加と円安の影響で、さらに輸入価格は上昇傾向になることが予想されます。

(出所)東京中央市場価格データを基に筆者作成 写真を拡大

 ズワイガニは、オスとメスで大きさが違うことをご存知でしょうか? 下の写真は、ズワイガニのオス(左)とメス(右)です。ズワイガニのオスに比べ、メスはかなり小さく、足の可食部はあまりありません。資源量が非常に多ければ別ですが、そうでなければ、メスの漁獲は資源においても、経済においても実にもったいないのです。

ズワイガニのオス(左)メス(右)(筆者提供)

 下の写真は、お馴染みのズワイガニのオスの足です。メスのズワイガニは足が小さいのでこのような加工品にはできません。

(筆者提供)

新着記事

»もっと見る