2024年6月14日(金)

バイデンのアメリカ

2024年6月1日

 ニューヨーク州最高裁で行われていたトランプ前大統領不倫もみ消し事件の陪審裁判で30日、「有罪評決」が下された。今後、11月5日の投票日に向けた大統領選挙戦でトランプ氏が極めて不利な状況に追い込まれることは必至となった。

有罪評決を受けたトランプ元大統領。その影響は計り知れない(代表撮影/ロイター/アフロ)

 「誰も法の上に立つことはできない。トランプをホワイトハウスから遠ざける唯一の方法は投票所においてである」(バイデン大統領)、「腐敗しきった判決は無効。自分は11月5日に再選される」(トランプ前大統領)――。

歴史的評決が下された30日夕刻、バイデン、トランプ陣営は、ともに今後の選挙戦に向けての闘志をむき出しにするコメントを発表した。

 「有罪評決」を受け、担当判事は来月11日、量刑について判断を下すことになったが、トランプ氏個人はその判断いかんにかかわらず、今後も投票日に向け全力挙げて選挙活動を展開していく構えだ。

 今回の評決結果が選挙戦に与える影響については、さまざまな見方がある。わが国のメディアの中には、「両陣営の支持基盤はすでにほぼ固まっており、影響は限定的」との指摘がある。

 しかし、実際は、トランプ陣営に深刻なダメージとなることは避けられない。その根拠として、以下のような点が挙げられる:


新着記事

»もっと見る