地域再生のキーワード

2016年9月17日

»著者プロフィール
閉じる

磯山友幸 (いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

1962年東京生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年3月末で退社、独立。現在、経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍している。オフィシャルHP(http://isoyamatomoyuki.com/)

著書に『2022年、「働き方」はこうなる』(PHPビジネス新書)、『理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP)、『国際会計基準戦争 完結編』(日系BP)、『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP)など。共著に『オリンパス症候群 自壊する「日本型」株式会社』(平凡社)、『株主の反乱』(日本経済新聞社)などがある。

早稲田大学政治経済学術院(大学院)非常勤講師、上智大学非常勤講師。ボーイスカウト日本連盟理事。静岡県ふじのくにづくりリーディングアドバイザーも務める。

日経ビジネスオンライン(日経BP)、現代ビジネス(講談社)、フォーサイト(新潮社)、月刊 WEDGE(ウェッジ)、月刊 エルネオス(エルネオス出版)、フジサンケイビジネスアイ(産経新聞社)などに連載コラムなどを持ち、定期執筆している。

粗いきな粉の食感が独特の子福利餅

岡本さんが調べてみると、もともとは「粉陰嚢(こふぐり)」と呼ばれていたものらしく、男子の祝い物として春に作って贈答したようで、享和2年(1802年)の俳句の歳時記にも載っていることが分かった。その「こうごり」の復活を岡本さんが樫舎の喜多さんに頼んだのだった。

 正月のきな粉作りの余材を用いた団子のような餅菓子で、粗いきな粉が独特の食感を醸し出す。お茶席にも出せるような上品な仕上がりになった。岡本さんが「こうごり」に新たな字を当て、「子福利餅」とした。

「長い歴史の中で廃れてしまったものには、廃れた理由がある」と喜多さんは語る。女夫饅頭の場合、「ものすごく複雑で難しいお菓子だ」という。「子福利餅」にしても粗いきな粉は今や普通には手に入らない。復活させたと言っても「そっくり昔のまま」を復元したわけではない。手に入る材料も人々の味覚も時代と共に変化した。だが、何と言っても昔のものは「手間暇のかかる」ものが多いという。

岡本さんと伊藤良次さん

関連記事

新着記事

»もっと見る