地域再生のキーワード

2016年9月17日

»著者プロフィール
閉じる

磯山友幸 (いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

1962年東京生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年3月末で退社、独立。現在、経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍している。オフィシャルHP(http://isoyamatomoyuki.com/)

著書に『2022年、「働き方」はこうなる』(PHPビジネス新書)、『理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP)、『国際会計基準戦争 完結編』(日系BP)、『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP)など。共著に『オリンパス症候群 自壊する「日本型」株式会社』(平凡社)、『株主の反乱』(日本経済新聞社)などがある。

早稲田大学政治経済学術院(大学院)非常勤講師、上智大学非常勤講師。ボーイスカウト日本連盟理事。静岡県ふじのくにづくりリーディングアドバイザーも務める。

日経ビジネスオンライン(日経BP)、現代ビジネス(講談社)、フォーサイト(新潮社)、月刊 WEDGE(ウェッジ)、月刊 エルネオス(エルネオス出版)、フジサンケイビジネスアイ(産経新聞社)などに連載コラムなどを持ち、定期執筆している。

 岡本さんは奈良や東京でいくつもの勉強会を主宰。岡本さんの博識ぶりや人柄を慕う人は多い。そんな人と人とのつながりが、こうした商品の復活の原動力になっている。

 若草山のふもとにある奈良最古の宿『むさし野』が出すオリジナル郷土食「遣水(けんずい)」も岡本さんの監修だ。大和に伝わる「おやつ」をセットにした。奈良のっぺいや雑煮、ほおの葉めし、三輪そうめんの三年物と新物の食べ比べなどを完全予約制で提供している。茶粥を食べる大和には間食文化が根付いていたというが、最近は奈良の人でもほとんど食べなくなった。それを何とか残そうというわけだ。

むさし野で提供される「遣水」

 

左から岡本彰夫さん、むさし野・山下育代さん、筆者

 新商品は新しいアイデアから生まれてくるものばかりではない。古をたずねることで、今の時代でも受ける新商品が生まれてくるのだ。

 『むさし野』の女将の山下育代さんは次なる企画も考えている。奈良の社寺に伝わったおもてなし料理の逸品を会席料理に組み込めないか、というのだ。岡本さんが掘り起こした昔からの知恵を今に蘇らせる取り組みは、まだまだ続編がありそうだ。
 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆Wedge2016年5月号より

 

関連記事

新着記事

»もっと見る