WEDGE REPORT

2016年6月24日

»著者プロフィール
閉じる

田村明子 (たむら・あきこ)

ジャーナリスト

盛岡市生まれ。1977年米国に単身留学し、1980年から現在までニューヨーク在住。著書に『ニューヨーカーに学ぶ軽く見られない英語』(朝日新書)、『知的な英語、好かれる英語』(生活人新書)、『女を上げる英会話』(青春出版社)、『聞き上手の英会話』(KADOKAWA/中経出版)など。翻訳書も多数。フィギュアスケートライターとしても知られており、『挑戦者たち-男子フィギュアスケート平昌五輪を超えて』(新潮社)で2018年ミズノスポーツライター賞受賞。

時代と共に変わったニューヨーカーのモラル

「ここは地下鉄。化粧室ではありません」と書かれた車内広告(筆者撮影)

 日本でも一時問題となった、車内の化粧を注意するものもある。

 Clipping? Primping? Everyone wants to look their best, but it is a subway car, not a restroom.
(爪きり?おめかし?誰でもきれいでいたいけれど、ここは地下鉄。化粧室ではありません)

 以前に東横線で、すっぴんで乗り込んできて降りるまでにみごとに顔を完成させていった若い女性を見かけて驚愕したことがある。

 さすがにニューヨークではそこまでの技を見たことがないが、最近では大胆に車内でアイメークをはじめたり、チークを入れたりする女性をたまに見かける。

 私がアメリカに来た当時は、女性は人前で鏡を出して化粧直しをすることは、絶対タブーと教わった。お客を探している娼婦と間違えられるから、というのがその理由だった。

 こんなことは、一昔前は親が当たり前のように教えたことだったのだろう。

 でも時代と共に人々のモラルも常識も変わっていく。通勤時間が長くなると、化粧する時間も惜しんで一分でも長く寝ていたい人も増えたということだ。

 「最近の若者は」と批難するのは簡単だけど、その背後にあるのはマンハッタンの不動産の高騰と、それに一般庶民の収入が見合っていないという今のニューヨーク市の現実である。

 こうして街の雰囲気、市民の気質というのは少しづつ変わってくるのだなと考えさせられたのであった。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る