2023年12月8日(金)

日本の漁業 こうすれば復活できる

2023年10月31日

»著者プロフィール
著者
閉じる

片野 歩 (かたの・あゆむ)

水産会社社員

東京生まれ。早稲田大学卒。2015年水産物の持続可能性(サスティナビリティー)を議論する国際会議シーフードサミットで日本人初の最優秀賞を政策提言(Advocacy)部門で受賞。1990年より、最前線で北欧を主体とした水産物の買付業務に携わる。特に世界第2位の輸出国として成長を続けているノルウェーには、20年以上、毎年訪問を続け、日本の水産業との違いを目の当たりにしてきた。著書に『日本の水産資源管理』(慶應義塾大学出版会) 『日本の漁業が崩壊する本当の理由』『魚はどこに消えた?』(ともにウェッジ)、『日本の水産業は復活できる!』(日本経済新聞出版社)、「ノルウェーの水産資源管理改革」(八田達夫・髙田眞著、『日本の農林水産業』<日本経済新聞出版社>所収)。

資源管理の基本は同じ

 日本のシシャモ(学名Spirinchus lanceolatus・写真左)と北欧のカラフトシシャモ(学名Mallotus villosus・写真右)では生態が異なります。前者は川を遡上して産卵、後者は海で産卵します。ただし、資源を持続していくための管理方法の基本は同じです。北欧と日本では種類が違うシシャモではないか? という問題ではありません。

日本のシシャモ(左)と北欧のカラフトシシャモ(筆者提供)

 日本では、持続可能な開発目標(SDGs)の14.4で示されているMSY(最大持続生産量)に基づく水産資源管理が十分にできていないのです。なお20年の漁業法改正により、MSYに基づく管理がようやく埋め込まれました。 

 日本のシシャモ漁の場合は、そもそも科学的にどれだけの親魚量を残すか? という数量管理ではありません。資源量が減って供給が減れば価格が上昇します。ですから漁期中に出来るだけたくさん獲りたいという意識が働いてしまいさまざまな魚種で、悪循環が続いています。

生態系も考えた水産資源管理を

 シシャモを食べるのは人間ばかりではありません。マダラをはじめとした、多くの魚の貴重なエサでもあります。ノルウェーではシシャモの漁場でマダラが混獲されたりすると、その漁場は禁漁区にするなど厳格に管理されています。

 エサ資源が減れば、そのエサを食べていた魚の資源も減ります。残念ながら日本では、こうした他の魚のエサとなる分量の配慮に関する報道は聞きません。生物多様性も十分考慮することが重要であることに気付いていただければと思います。

 微力ながらこのような発信を通じて、漁業者の方の理解も確実に増えてきています。やるべきことは、国が進めている資源管理政策において、漁獲枠の設定などに反対するのではなく、むしろ早急に進めてもらうことです。さもないと、魚が減るという社会問題がさらに大きくなってしまいます。

連載「日本の漁業 こうすれば復活できる」では、日本漁業にまつわるさまざまな課題や解決策を提示しております。他の記事はこちら

   
▲「Wedge ONLINE」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る