2024年6月15日(土)

特集:G7広島サミットと国際情勢

ウクライナのゼレンスキー大統領の電撃的な参加や、各国首脳による原爆資料館への視察と原爆慰霊碑への献花と、話題を呼んだG7サミット。一定の成果を見せたと言えるが、中露との対立を鮮明にしたとも言える。時を同じくして中国による中央アジア5カ国との首脳会議が開かれており、混沌とする世界情勢は続く。G7の振り返りと今後を検証する。